SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤマハとヤマハミュージックジャパン、体験型店舗をオープン 顧客接点の拡大・ブランド発信力強化を目指す

 ヤマハとヤマハミュージックジャパンは、5月16日、横浜シンフォステージにて体験型ブランドショップ「ヤマハミュージック 横浜みなとみらい」6月6日にオープンすることを発表した。

 ヤマハミュージック 横浜みなとみらいは、楽器経験や購入意向の有無にかかわらず、来場者が音楽や楽器に関する新たな楽しみの発見を目的とした体験型の施設。自然に館内を回遊しながら楽しめるシームレスな体験の提供をコンセプトとしている。

 1階には吹き抜け空間の壁一面に大型LEDディスプレイを設置し、音と映像に没入する感覚を体験できるエクスペリエンスゾーン「Music Canvas(ミュージックキャンバス)」。2階にはオリジナルメニューを味わいながら音楽イベントを楽しめる「ライブ&カフェ」や、楽器未経験者でも気軽に楽器に触れ演奏ができる「楽器体感コーナー」など、音楽や楽器が身近に感じられる設備を備えている。

「Music Canvas(1階)」のイメージ

 両社は、複数の機能を備えるブランドショップの開設により、多彩な音楽体験を通して新規顧客との接点の拡大、ブランドの発信力強化を目指す。

【関連記事】
ヤマハ、スマホアプリと共生する音楽デバイス「Stepping Out of the Slate」発表
日本テレビ、AR撮影装置を活用した「没入体験型CM」の実証実験を開始
NEC、メタバース上にバーチャルエクスペリエンスセンターを開発 没入体験型のXRコンテンツを実装
アサヒビール、体験型コンセプトショップのオープンと若年層向けデザインの缶容器を発表
エバー航空、体験型WebARコンテンツ「EVA AIR AR Sky Journey」の提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/05/17 13:45 https://markezine.jp/article/detail/45662

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング