SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日本テレビ、AR撮影装置を活用した「没入体験型CM」の実証実験を開始

 日本テレビ放送網(以下、日本テレビ)は、XR分野のコンテンツ制作・開発支援サービス「日テレXR」において、広告没入体験ができるサービスの実証実験を開始する。

 同実証実験では、AR撮影装置「mixta Shot ミクスタショット」をテレビCMコンテンツに活用。体験者は装置の前に立つことでCMの世界観に没入することができ、その体験動画(30秒程度)を2次元コード経由でダウンロードが可能だ。

 イオンモール浦和美園(期間:2024年4月27日~5月6日)およびイオンモール津田沼(2024年5月3日~5月10日)にて無料イベントとして同実証実験を実施し、定量・定性の調査を行う。日本テレビの番組コンテンツ(ドラマ・情報バラエティ)や体験型CMを用いて、体験者の興味・関心や商品・企業への好感度の向上を検証する。

 今後日本テレビは、同実証実験の結果を活用して「没入撮影体験×デジタルサイネージ×マーケティング」の次世代広告メディアとしての展開を目指していく。

【関連記事】
Google アナリティクス4を“実務レベルで使いこなす”ためのオンライン講座開催
NECと日本テレビ、AI音声認識技術で生放送番組に自動字幕を付与する実証を実施 認識精度は99.0%
日本テレビ、放送クオリティの企画演出・コンテンツ制作で課題解決をサポートする「日テレXR」提供開始
小田急エージェンシーら、XR広告と3Dビジョンを用い実証実験を実施 Tesla自動車の走行映像を放映
ZEPETOとPocketRDが事業提携、アバターやXRコンテンツの社会実装を目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/04/26 08:30 https://markezine.jp/article/detail/45489

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング