SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

TikTokにより生まれた推定消費額は1,772億円 もたらす価値を3軸で分析/TikTok調査

 TikTokは、5月27日、「TikTok Socio-Economic Impact Report 2024〜日本における経済的・社会的影響〜」を公開した。

 同レポートは、TikTokが日本へもたらす経済的・社会的効果を総合的に分析するもの。同レポートでは、TikTokがもたらす価値を「経済的価値」「ユーザーにとっての価値」「クリエイター経済圏としての価値」の3つの軸で分析している。

 以下、一部内容を紹介する。

TikTokによって生まれた推定消費額は1,772億円

 まず、経済的価値の分析では、TikTokによって生まれた推定消費額が1,772億円という結果になった。また、消費額を基にした国内名目GDPへの貢献額を見ると4,741億円に。雇用者数としては26,000人に影響があることがわかった。

 実際、TikTokユーザーのうち30.5%が「TikTokで動画を見て商品やサービスの購入経験がある」と回答。若年層ほど購入経験の割合は高い傾向にあるが、60代でも17.6%が経験ありと回答。TikTokは広い世代の消費行動に影響を与えていることがわかる。

ユーザーの5割超がTikTokを「ほぼ毎日視聴している」と回答

 次に、ユーザーにとっての価値の観点で分析。TikTokユーザーによるTikTokの視聴頻度を調べると、ほぼ毎日視聴していると回答したのは56.3%だった。スキマ時間に視聴をするというユーザーが多く、TikTok視聴が生活の一部になっていることがうかがえる。

 また、TikTokユーザーの79%が「TikTok動画はたくさんの情報に出会える」と感じており、ライフハックや料理・家事、美容系、エンタメなど多様なコンテンツの動画が見られている。

ユーザ―の4割超がコラボ動画きっかけで企業や自治体に興味

 続いて、TikTokがクリエイターの経済圏にもたらす影響について分析。インタビューをしたクリエイター9人のうち9人全員が、TikTokで認知を拡大したことで企業案件の増加や自身の事業にプラスの影響があったと回答した。

 また、TikTokユーザーの43.3%が「クリエイターが紹介した商品やサービス、企業・自治体とのコラボレーション動画などを見て、企業や自治体に興味が湧いた」と回答。さらに、47.7%が「クリエイターが紹介した商品に興味が湧きやすい」と答えていることから、クリエイターの起用がユーザーの興味を惹くために有効な手段であることがわかる。

【調査概要】
目的:アンケートを通して以下2点を明らかにする。
1.TikTokで商品やサービスに関する広告、商品やサービスを紹介したコンテンツを見たことによる消費行動
2.TikTokの利用実態
対象:スクリーニング調査(令和2年国勢調査の性年代別人口比率に基づき割付)、全国の15~69歳の男女9,221サンプル
方法:インターネットリサーチ
実施期間:2024年3月7日
委託先:マクロミル

【関連記事】
ショート動画の利用実態 TikTok利用者の過半数が「ほぼ毎日」視聴【ADK MS調査】
「リバイバルコンテンツ」の想起度は20代男性が最多、約7割が購入経験も【ネオマーケティング調査】
約8割がCookie規制に未対応 対応の障壁は「経営陣の理解が得られない」など【アタラ調査】
テテマーチ、「SNSフォロワー購買行動調査」の提供を開始 企業アカウントのフォロワーの定量調査を実施
大学⽣のSNS利用率、Instagramが9年連続増加で約8割に【東京工科大学調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/05/30 07:45 https://markezine.jp/article/detail/45764

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング