SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

大学⽣のSNS利用率、Instagramが9年連続増加で約8割に【東京工科大学調査】

 東京⼯科⼤学は、5月14日、大学の新⼊⽣を対象に、SNSなどコミュニケーションツールの利⽤状況などに関するアンケート調査を実施した。

Instagramの利用率は約8割で9年連続増

 まず、現在使用しているSNSの利⽤率を調べた。1位はLINEで99.2%となり、2014年の調査開始以来10年間連続で1位を達成した。一方、Instagramは、主要SNSの中では唯⼀9年連続増で79.6%となり、今回の調査で微減に転じたX(旧Twitter)の80.9%とほぼ同列となった。また、TikTokも6年連続で増加し46.0%となり、近年増加しているDiscordの44.4%をわずかに上回る結果となった。

現在利用しているSNS(全体/複数回答)

 男⼥別で見ると、Instagramは女性の利用率が92.0%で、男性は初の7割超えの71.5%となった。また、TikTokとPinterestは女性での利用率伸長が顕著で、TikTokは前年から6.2pt増加し62.8%、Pinterestは前年から8.8pt増加で37.1%となった。

 なお、女性によるXの利用率は、10年ぶりに8割を下回り79.2%だった。

現在利用しているSNS(男女別/複数回答)

連絡手段はLINEが10年間連続でトップ

 続いて、普段の連絡⼿段に使うツールを調査した。

 その結果、1位はLINEで97.9%、2位がInstagramのDMで48.0%、3位がDiscordで23.2%となり、前年度から順位の変化はなかった。

普段、家族や友人との連絡に使っているもの(全体/複数回答)

 一方、XのDMは、7.0pt減の13.8%となり、特に女性を中⼼に2023年からの減少傾向が続くことがわかる。

普段、家族や友人との連絡に使っているもの(男女別/複数回答)

利用している動画配信サービスはTVerが5年連続で増加

 次に、利用している動画配信サービスについて尋ねた。その結果、YouTubeが97.3%で1位に。2位は、Amazonプライム・ビデオで45.7%、3位がAbemaTVで30.3%となった。

現在利用している動画配信サービス(全体/複数回答)

 男女別で見ると、TVerが特に伸長しており、女性では前年比0.5pt増で42.1%、男性が4.2pt増で16.9%となった。

現在利用している動画配信サービス(男女別/複数回答)

⼊学前に連絡したことがある人は過去最少の25.8%

 最後に⼊学前に新入生同士で連絡をとりあったことがあるかを尋ねた。その結果、新⼊⽣全体の25.8%があると回答。その数は、前年から9.6pt減で、2019年の調査開始以来最も低い結果となった。

入学前に新入生同士でSNSなどで連絡をとりあったことがありますか(単一回答)

【調査概要】
実施日:2024年4⽉1⽇〜4⽉21⽇
対象:2024年度の東京⼯科⼤学新⼊⽣(⼋王⼦キャンパス、蒲⽥キャンパス)
サンプル数:1,712人
方法:Moodleによるオンラインアンケート ※2014年〜2019年は対⾯記⼊⽅式

【関連記事】
大学生のInstagram利用率、8年連続で増加/YouTubeは過去最高に【東京工科大学調査】
約半数「知らない番号からの着信はほぼ出ない」テキストVS通話、多いのは【クロス・マーケティング調査】
26.3%の企業が2024年度に「増収増益」を見込む/業界別では「金融」がトップ【TDB調査】
インテージ、パネル調査データをSnowflakeと連携 各部門でのスムーズな利用が可能に
メタバース関連サービス、利用のきっかけ1位は「友人や家族の利用」【博報堂DYホールディングス調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/05/27 16:46 https://markezine.jp/article/detail/45635

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング