SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

メタバース関連サービス、利用のきっかけ1位は「友人や家族の利用」【博報堂DYホールディングス調査】

 博報堂DYホールディングスは「メタバース生活者定点調査2023」を実施。前回調査である2022年の「メタバース生活者意識調査」との比較を踏まえ、メタバースに関する現状の生活者意識や動向を調査した。

 以下、一部内容を紹介する。

メタバース関連サービスの認知率は40.5%に

 まず、メタバース関連サービスの認知率を調査。全体では40.5%(前年比4.3ポイント増)となり、うち「利用経験あり」は8.4%(前年比0.1ポイント増)に。メタバース関連のサービスを認知している人は40.5%、推計約3,294万人という結果だった。

 なお同調査では、約50のメタバース関連サービスを提示し、2~3ヵ月に一度以上いずれかのメタバース関連サービスを利用している人をメタバース利用層と定義している。

利用のきっかけ、約60%が「友人や家族が利用していたから」

 次に、メタバース利用層の趣味と性格を調べた。趣味を全体差分降順で確認すると、テレビゲームが34.0%(全体差分+13.0ポイント)、ゴルフが15.4%(全体差分+9.3ポイント)、ジョギング・ランニングが19.0%(全体差分+9.3ポイント)、ジム・フィットネスが16.3%(全体差分+7.2ポイント)と続き、ゲーム以外の趣味を持つ層にも利用が広がっていることがわかった。

 性格については「ゲームをプレイすることが好き」の61%(全体差分+13.5ポイント)に次いで、「いつも楽しそうだねと人に言われる」28.4%(全体差分+7.9ポイント)や、「ノリがよく、ハメを外すこともある」28.8%(全体差分+7.0ポイント)が高くなった。

クリックして拡大

 メタバースサービスの利用を始めたきっかけを尋ねると、「友人や家族が利用していたから(60.4%)」「好きなYouTube配信者/実況者が紹介・利用していたから(45.0%)」「オンライン上のフレンドが利用していたから(31.2%)」が上位3項目となった。

クリックして拡大

旅行・スポーツ観戦・リラックス体験・アバター関連の年間課金額が増加

 続いて、利用層のメタバース内での活動ジャンルを質問。「ゲームの体験(52.7%)」「街歩きや散歩(46.2%)」「リアル・現実世界の友達とのコミュニケーション(44.6%)」「メタバース空間の友達とのコミュニケーション(43.6%)」が上位にランクインした。

クリックして拡大

 また、メタバースにおける平均年間課金額を調べると、ゲーム体験が6,907円(-4,860円)、買い物体験が13,425円(-2,092円)とそれぞれ減少。一方で増加しているカテゴリーおよびその金額は、旅行が21,265円(+6,591円)、アバター購入が11,552円(+5,916円)、リラックス体験が9,140円(+3,738円)、スポーツ観戦が12,573円(+3,096円)となった。

クリックして拡大

【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査時期:2023年11月
調査対象:全国15~69歳の男女
調査機関:マクロミル
分析/集計:エム・アール・エス広告調査
有効回収サンプル数:事前スクリーニング調査78,952サンプル、本調査3,525サンプル

【関連記事】
3時間でGoogleアナリティクス4の知識とスキルをアップ!実務に活かすオンライン講座【来週開催】
生活者の7割がAIに期待/将来、自分の一部や相棒的な存在になる期待感が高まる【博報堂DYHD調査】
博報堂DYグループ6社、「マーケティングシステム・イニシアティブ」発足 包括的なDX支援体制を実現へ
博報堂DYグループとGoogle Japan、マーケティング・ミックス・モデリングのガイドブック公開
博報堂DYHDが「Well-Giving Cycle」を提供 生活者の主観データを基にサービスを提案

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/05/10 08:15 https://markezine.jp/article/detail/45389

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング