SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

阪急阪神グループのDXプロジェクトに迫る 統合IDの活用やデジタル基盤の構築をどう進めた?

 MarkeZineは、2024年6月11日(火)に「MarkeZine Day 2024 Kansai」をブリーゼプラザ・小ホール(大阪・梅田)で開催します。

 13:40~14:20に行うセッション「阪急阪神ホールディングスが取り組むDXプロジェクト!One To Oneマーケティングへの挑戦とデータ活用基盤の重要性 」には、阪急阪神グループのDX担当者らが登壇します。

【セッション詳細・申し込みは画像をクリック】
【セッション詳細・申し込みは画像をクリック】

 生活総合サポート企業として各種事業を展開する阪急阪神グループ。顧客の生涯を支えるために「1to1マーケティングの推進」をDX方針として定める同グループでは、顧客接点の構築やデータの収集・分析を行うためのデジタル基盤の構築、グループ統合IDである「HHcrossID」の活用などを進めています。

 本セッションには、阪急阪神ホールディングスとアイテック阪急阪神の担当者が登壇。DXプロジェクトの概要と、マーケティング活動に不可欠なデジタル基盤の構築プロセスをインキュデータの担当者とともに語ります。

【開催概要】
イベント名称:MarkeZine Day 2024 Kansai
日時:2024年6月11日(火)10:00~17:30(9:30受付開始)
会場:ブリーゼプラザ・小ホール
 四つ橋線西梅田駅 徒歩3分
 JR大阪駅(桜橋口) 徒歩6分
 JR東西線北新地駅 徒歩5分
 御堂筋線梅田駅 徒歩7分
 阪神大阪梅田駅(西改札) 徒歩5分
 阪急大阪梅田駅 徒歩12分
参加費:無料(事前登録制)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/05/29 15:15 https://markezine.jp/article/detail/45808

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング