SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイバーエージェント、アサヒ飲料やロッテらと価格決定に関する共同実験を実施 AIと経済学を活用

 サイバーエージェントのAI事業本部は、リテールAI研究会において価格最適化分科会を立ち上げ、アサヒ飲料、エム・データ、日本製紙クレシア、リテールパートナーズ、ロッテと価格設定に関する実証実験を実施した。

 同実験では、サイバーエージェントの価格最適化アルゴリズムを用いて、小売店・メーカーと共同で最適価格決定の可能性を提示。アサヒ飲料、日本製紙クレシア、ロッテが提供する各商品に対して、通常価格および通常価格より高い価格・低い価格の3パターンで店舗ごとに異なる価格を設定し、設定価格の違いによる販売個数の変化を観察した。

 価格の違いによる検証においては経済学(因果推論)のアプローチを用いて、季節トレンドやチラシといった価格変更以外の影響を除去し、価格変更のみの影響を検証。その上で、実験期間における価格ごとの販売個数の変化や過去の販売データを活用し、売り上げを最大にする最適価格を推定するAIモデルを作成した。

 今後は、粗利を最大化する価格決定への拡張に向け、さらなるデータの取得や分析を推進する予定だ。

【実験概要】
実験期間:2024年3月6日(水)~4月5日(金)
実験店舗:福岡県、山口県、広島県のアルク計43店舗
対象商品:・ウィルキンソン タンサン 500ml
・スコッティファイン3倍巻キッチンタオル2ロール
・のど飴袋 102g

【関連記事】
サイバーエージェント、「極予測やりとりAI」の提供を開始 AIでクリエイティブ確認の効率化を支援
2023年の動画広告市場、6,253億円に/縦型動画は昨対比156%【サイバーエージェント調査】
サイバーエージェント、商品が自ら動き販促する「自己推薦ロボット」の効果の継続性における実証実験を開始
アサヒ飲料とエコノミクスデザイン、需要予測とプライシング最適化アルゴリズムを開発
unerryとエム・データが連携、テレビ放送の消費者行動への影響を定量的に分析可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/06/24 13:00 https://markezine.jp/article/detail/46042

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング