SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイバーエージェント、「極予測やりとりAI」の提供を開始 AIでクリエイティブ確認の効率化を支援

 サイバーエージェントは、インターネット広告事業においてAIを活用したクリエイティブ確認サポートシステム「極予測やりとりAI」を開発。広告主企業向けに提供を開始した。

 同システムでは、AIを活用することで広告クリエイティブ制作や入稿フローにおける作業時間・工数を短縮する。これにより、入稿に至るまで従来平均8営業日を要したサイバーエージェント内および広告主企業との確認作業を、最短1日に縮めての配信が可能となる。

 また、システム上で「極予測AI」の効果予測スコアの確認が可能に。極予測AIは、AIを活用し広告クリエイティブ制作を行うソリューションだ。極予測AIで算出された広告クリエイティブの「効果スコア」により、広告主企業は承認可否の判断をスムーズに行える。

 さらに、チャットツールの「Slack」と連携を開始。Slack上でクリエイティブ確認と承認、その後の入稿指示まで行うことが可能となる。加えて、広告主企業ごとにレギュレーションの一元管理と、専門チームによる有人の事前チェックを行った上で納品する。有人のレギュレーション監修は今後、AIで代替していく。

 なお2024年11月をめどに、入稿APIを活用した広告の自動入稿機能の実装を予定。これにより、広告主が承認したクリエイティブにテキストと計測に必要なパラメーターを自動発行し、入稿まで自動で行うことが可能となる。

【関連記事】
サイバーエージェント、「極予測AI」において商品画像の生成機能を開発 ラベル文字や光の差し込みも再現
サイバーエージェント、AIを活用したコメント分析によるYouTube支援ソリューションの提供を開始
サイバーエージェント、広告制作特化の日本語光学文字認識モデルを開発 「極予測シリーズ」精度向上へ
サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツールを開発 情報のリアルタイム管理が可能に
2023年の動画広告市場、6,253億円に/縦型動画は昨対比156%【サイバーエージェント調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/03/18 07:45 https://markezine.jp/article/detail/45139

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング