SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Web2.0型グループウェア「InBiz2.0」シリーズ第1弾、社内辞書システム「InBiz Wiki」リリース

 グローバル・アイディーは、社内向けWeb2.0グループウェア総合パッケージのシリーズ「InBiz2.0」の提供を開始することを、12月14日に発表。その第1弾として、Wikiを利用した社内辞書システム「InBiz Wiki」がリリースされた。

 「InBiz2.0」シリーズは、個人情報に関するマーケティングを行うグローバル・アイディーが、新規事業として提供を開始するもので、「集合知」や「フォークソノミー」といった新しいWebの概念をもとに、社内での情報共有のために開発されたアプリケーション集だ。

 今回リリースされたシリーズの第1弾は、フリーのオンライン百科事典「ウィキペディア」でおなじみのWikiの技術を利用した社内辞書システム「InBiz Wiki」。取引先企業情報や、社員情報、社内で必要なナレッジをキーワードにより分類・共有し、社内辞書の構築を行うことができる。

 「InBiz2.0」シリーズは引き続き、ソーシャルブックマーク(SBM)、ソーシャルマップ(SMAP)などのモジュールを、2007年初旬にリリースする予定。さらに、ソーシャルイメージ・ムービー、ブログ、SNSなど、Web2.0技術を利用したさまざまなグループウェアを展開する。

 「InBiz Wiki」の販売価格は以下のとおり。初期費用は、月額費用の2カ月分となっている。

 チーム版(20ユーザまで) …月額 10,500円(税込)
 ワークグループ版(50ユーザまで) …月額 26,250円(税込)
 スタンダード版(100ユーザまで) …月額 52,500円(税込)
 エンタープライズ版(200ユーザまで) …月額105,000円(税込)
 アンリミテッド版(200ユーザ以上) …要相談

プレスリリース:「Web2.0技術を利用したグループウェア「InBiz2.0」シリーズ提供開始」(Wordファイル)
「InBiz2.0」
グローバル・アイディー株式会社

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/23 23:37 https://markezine.jp/article/detail/469

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング