SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

消費者による販売・販促活動が加速、2007年BtoC市場の1割を占める【経産省調査】

BtoC電子商取引市場規模は5.3兆円

 「平成19年度我が国のIT利活用に関する調査研究」(電子商取引に関する市場調査)は、2007年1月から12月までの電子商取引市場を調査したもので今回で10回目。2007年度の国内BtoC EC(消費者向け電子商取引)市場規模は前年比21.7%増の5兆3440億円で、成長率は鈍化しているもののその規模は堅調に拡大している。

 本調査で実施した消費者アンケートによると、インターネットの利用者のうち、過去1年間にインターネットショッピングで何らかの商品・サービスを購入したことがある人の割合は86.9%で、インターネットショッピングでの支出の増減状況としては、46.7%の人が「増加した」と回答している。

2007年におけるインターネットショッピング利用経験率
2007年におけるインターネットショッピング利用増減率

消費者による販売・販促活動は拡大傾向

 検索やポータルから、ブログ、SNS、アフィリエイトやサイト構築支援などを含むインターネット関連ビジネスの2007年の市場規模は1兆9720億円。消費者が自ら積極的に商品・サービスを紹介し、販売に関与する動きが加速しており、消費者の「販売/販売促進」活動における市場規模金額は1兆4700億円と、全体の約75%を占めている。

インターネットビジネス市場規模

 このうち、アフィリエイト・プログラム、ドロップシッピング経由の販売額は5530億円で、2007年BtoC EC市場規模5兆3440億円の約10%にあたる。

インターネットビジネス市場規模(セグメントごとの市場規模)

 また、ブログやSNSの利用者や運営者のうち、アフィリエイト・プログラムへ参加している人の割合は、34.6%となっており、この割合が今後どのように変化するか注目される。

アフィリエイト・プログラムへの参加状況

検索・ポータルサイトの利用率はほぼ100%

 本調査の消費者アンケートで日常的に利用するインターネットサイトの1位になったのは、GoogleやYahoo!などの検索・ポータルサイト。その利用率はほぼ100%に近い数字。個人のホームページ・ブログは79.5%、動画共有・配信サイトは68.0%だが、SNSの利用率は43.0%にとどまっている

インターネット上で提供されているサービス・機能の利用率

【関連記事】
2007年モバイル広告市場は815億円、アフィリエイト広告は179億円
今後注力したいネット広告は「アフィリエイト」、「検索連動型広告」を上回る人気
ソニーがアフィリエイト市場に参入、新サービス「BLOGENT:ブロジェント」スタート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/08/22 10:00 https://markezine.jp/article/detail/5101

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング