SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ポニョ公式サイトも大人気、7月の来訪者数100万に迫る

 「崖の上のポニョ」は映画だけでなく公式サイトも大人気。映画が公開された7月の公式サイト来訪者数は99.5万人で、2004年11月公開の「ハウルの動く城」の70.1万人、2006年7月公開の「ゲド戦記」の44.4万人を大幅に上回る99.5万人で過去最高を記録した。

 東宝の発表によると、「崖の上のポニョ」が公開された7月の東宝株式会社の映画営業部門の興行収入は、「千と千尋の神隠し」が公開された2001年7月を上回る121億6千万円、前年比213.0%となり、7月単月として東宝歴代最高の興業収入に貢献した。 

「スタジオジブリ」および関連映画サイトの訪問者数推移
(2004年4月~2008年7月、家庭のPCによるアクセス)

 「崖の上のポニョ」公式サイト訪問者の内訳をみると、女性が57%、年齢別では30代(34%)、40代(29%)の比率が高くなっている。

主要映画公式サイト訪問者の性別構成比 (家庭のPCによるアクセス)
主要映画公式サイト訪問者の年齢別構成比 (家庭のPCによるアクセス)

 また、2008年上半期の邦画興行収入1位の「相棒-劇場版-」の公式サイトの来訪者は男性比率が高く40代以上が過半数を占めているのに対して、6月末に公開された「花より男子ファイナル」は85%が女性、19歳以下が38%を占めている。

【関連記事】
「渋谷 映画」で上映情報が見つかるGoogleの「映画検索機能」
松竹グループが映画資産のネット活用を本格化、「松竹ONLINE」で小津作品や「男はつらいよ」を配信
映画データベースIMDbが、自主制作映画支援ビジネス「Withoutabox」を買収

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/08/26 15:02 https://markezine.jp/article/detail/5145

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング