SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google Analyticsに新しいレポート機能追加、ドラッグ&ドロップで高度なデータ分析が可能に

 The Official Google Analytics Blogの10月23日のエントリによると、Google Analyticsのレポート機能にいくつかの新機能が追加された。まず、Google Analyticsで、AdSenseのレポートデータを閲覧できるようになった。AdSenseアカウントをAnalyticsアカウントにリンクすることで、AdSenseを掲載しているサイトで発生した利益や広告の表示回数などのデータと、Analyticsのサイト解析データを関連付けたレポートが利用できる。

 また、Google Analyticsの操作性も大幅に見直され、簡単なテキスト入力、検索、ドラッグ&ドロップなどの操作によって、レポートデータをフィルタリングし、加工して表示することが可能になっている。

ドラッグ&ドロップでセグメントを設定

 例えば「アドバンス セグメント」は、簡単な入力と項目のドラッグ&ドロップでセグメントの条件を設定し、Google Analyticsのデータから必要なデータだけをフィルタリングして取り出すことができる機能。表示されたレポートに対して”有料のトラフィック” や ”コンバージョンしたセッション”などのデフォルトのセグメントを適用したり、自分でセグメントを作成して保存し、目的のデータを取り出すことができる。

 そのほか複数のレポートを組み合わせてクロス集計が可能な「カスタムレポート」、多面的で高度な分析が行える「モーション グラフ」、複数アカウントを一覧できる「アカウント サマリー」画面が追加された。

X軸、Y軸、バブルのサイズや色に異なる指標を設定すると
指標の時間経過による変化がグラフに表示される「モーション グラフ」

 さらにAnalyticsのレポート用データを用いてプログラムやアプリケーションを作成することができる「データ エクスポート API」を公開。このAPIを利用すれば、独自にカスタマイズしたダッシュボードや、分析手法に合わせた新しいインターフェースの作成、ビジュアルの変更、他の解析ツールとの連携などが可能になる。

 これらの機能はBeta版として数週間のうちに、段階的にリリースされる予定となっている。

【関連記事】
きめ細やかなトラッキングのための情報満載、Google CodeにGoogle Analyticsコーナー新設
Google Analytics、業界標準データと自社サイトを比較できるサービスをスタート
Google Analyticsのグラフ比較機能とトラッキングコード用のJavaScriptをリリース
Google Analytics、2つのグラフを比較表示する新機能を提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/10/23 12:03 https://markezine.jp/article/detail/5736

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング