SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

外国人観光客の6割が「ウェブを見て情報収集」、英語サイトは必須?【アウン調べ】

 アウンコンサルティングは、訪日外国人の動機とその行動などについて10月に調査を行い、161人から有効回答を得た。まず、訪日に関する情報を収集した方法をたずねたところ、「WEBを見て」が圧倒的に多い59%で、ガイドブック、旅行代理店が続いている。

訪日に関する情報を収集した方法(複数回答)

 訪日外国人の7割が宿泊しているホテルについて調べたところ、宿泊先となったホテルのうち96%がウェブサイトを保有。そのうち、英語サイトは91%、中国語(簡体字)サイトは27%、韓国語サイトは24%となっている。

宿泊先ホテルのウェブサイトの多言語状況

 また、宿泊先のトップ10に入っているホテルのサイト状況を見ると、日本語サイト、英語サイトの保有率は100%。中国語(簡体字)サイトが40%、韓国語サイトが30%と続いている。

宿泊人気上位10ホテルの多言語状況

 各国言語に対応したサイトを用意するのは難しいものの、海外の観光客が多く利用するサイトでは英語はもはや必須、中国語・韓国語も要対応といえそうだ。

【関連記事】
百度とウィルコム、中国人訪日客向け「モバイル情報サービス」の共同展開を検討
ジャパンホッパー、外国人旅行者の集客に特化した検索連動広告を展開
7割の女性がネットで旅行情報を収集、「でもさすがに衛星写真はチェックしないよね」も7割

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング