SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google、検索順位の変更、サイトの追加・削除が可能なカスタマイズ機能「SearchWiki」をローンチ

 検索結果に表示されたサイトのうち、1番上位にあるサイトが目的のサイトでないことはよくあることだ。もし、よく利用するサイトが検索結果の3番目に表示されている場合、そのリンクに表示されているグリーンのアイコンを1回アイコンをクリックするだけで検索結果のトップに移動することができる。

グリーンのアイコンをクリックするだけで1番上に移動可能

 Official Google Blogの11月20日のエントリによると、SerchWikiによって、必要のないサイトの削除、新たなサイトの登録、さらにサイトに関するメモを入力することも、見慣れたGoogleの検索結果表示ページ上で可能になる。

 この機能はGoogleにサインインしているときに利用可能となっており、ユーザーが行った変更はアカウントに保存される。このため、検索結果の順位の変更はそのユーザーが行う検索にしか影響しない。しかし、ほかのユーザーが入力したメモの共有は可能となっている。

【関連記事】
Google AdWords、検索結果1ページ目に広告を表示させるための指標「First Page Bid」導入
Google、検索結果のパーソナライズ機能をさらに強化
AdWords モバイル広告、auでは検索結果1ページ目の広告を3枠から4枠に増量
iPhoneでGoogleのボイス検索が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング