SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Yahoo!で今年最も検索されたキーワードは「mixi」に代わって「YouTube」【2008検索ワードランキング】

 2008年1月1日から2008年10月31日に、Yahoo! JAPANで検索されたキーワードを集計した「2008検索ワードランキング」の1位は、2年連続1位だった「mixi」をおさえて「YouTube」。3位は昨年同様「2ちゃんねる」となった。「Yahoo!検索 総合ランキング トップ50」のうち、トップ20は以下のとおり。

1位(2) YouTube
2位(1) mixi
3位(3) 2ちゃんねる
4位(4) Google
5位(5) 楽天
6位(6) Amazon
7位(9) ニコニコ動画
8位(7) goo
9位(10) ANA
10位(11) JAL

11位(12) NTTドコモ
12位(19) 郵便番号
13位(13) MSN
14位(16) JR
15位(18) au
16位(20) じゃらん
17位(17) Gyao
18位(-) 翻訳
19位(15) ウィキペディア
20位(22) ハローワーク

 昨年は圏外だったもののうち、今年トップ50に入ったのは、18位「翻訳」、43位「東京ディズニーランド」、45位「ヤマト運輸」、47位「クック パッド」、48位「wiki」。昨年22位だった「ハローワーク」は20位にランクアップしている。昨年8位の「脳内メーカー」は46位にまで落ち込んだものの、いまだトップ50圏内にあるところはさすがというべきだろうか。

 著名人ランキングの総合では男性グループ「EXILE」が1位を獲得。今年は、芸能人ブログでも、男性ブロガーが躍進しており、羞恥心のメンバー「上地雄輔」はランク外から初登場4位。ヤフーは「ブログは“女王”の時代から“王子”の時代へ」と分析している。

 テレビ番組ランキングでは 「ROOKIES」(1位)、「ラスト・フレンズ」(2位)、「篤姫」(4位)、「ごくせん」(5位)など、ドラマの当たり年。商品検索数ランキングのトップ3は、「ニンテンドーDSi」「クロックス」「遊戯王カード」。また、総合では1位をYouTubeにゆずったmixiだが、こちらはモバイル検索数ランキングの1位になっており、「2ちゃんねる」「モバゲータウン」「スター・ビーチ」 「YouTube」が続いている。

【関連記事】
Amazonで一番検索されているのは、ハリポタ、東野圭吾、はがれん―和書コーナーに「検索キーワードランキング」登場
YouTube、いま検索されてる「急上昇キーワード」ランキングを公開
今年の上半期に最も検索されたキーワードは「YouTube」、「脳内メーカー」は急落
Googleで今年最も検索された言葉は「Yahoo!」、著名人の3位には「初音ミク」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング