SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ライフネット生命保険、生命保険料の原価を開示

 ライフネット生命保険は11月25日、同社サイトで「付加保険料率(生命保険の「原価」)の開示について」という文書を公開。社長の出口治朗氏が自ら生命保険の内訳について説明を行った。それによると、1995年に保険業法が改正され、この10年で自動車保険の保険料は平均10%ほど安くなったにも関わらず、新契約1件当たりの生命保険料はほとんど安くなっていないこと、代表的な商品である定期死亡保険(30歳男性、期間10年)では、約2倍の保険料格差が生じていることを指摘。この背景には生命保険商品の比較情報が公開されていないことが原因だと指摘している。

 出口氏は、生命保険料の比較情報を発展させるためには、約款(商品の内容)と保険料表(商品の値段)の開示が必要だとして、具体的に、死亡保険(定期)「かぞくへの保険」を例に挙げ、30歳男性、保険期間10年、保険金額3,000万円の場合、月額保険料3,484円のうち、815円(23%)が保険会社の運営経費に相当する付加保険料となっていると説明している

 出口氏は、「私たちの行動が、わが国の生命保険の比較情報の発展に少しでも寄与することができれば、これほど嬉しいことはない」として、情報開示の重要性を訴えている。

【関連記事】
医療・がん保険の保険料「1万円未満」が7割、「見直したい」4割超える
アリアンツ・ペット保険、ベネッセの「いぬのきもち」「ねこのきもち」ブランドで販売
なぜか保険会社のサウンドが着信音で人気【20代・30代着信音利用調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/12/08 11:48 https://markezine.jp/article/detail/6056

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング