SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

100ドメインのサイトを運営するベネッセの悩みとは? 膨大なアクセスを効率的に解析する「RTmetrics」導入事例

 ベネッセは、「教育」「妊娠・出産・子育」「語学」「暮らし」「介護」の各事業分野で、商品・サービスサイト、キャンペーンサイトなど約100ドメインのサイトを運営しており、これらをまとめると、月間ページビューは3億~5億PVに達する。しかし、膨大なアクセス量によってレポート閲覧に時間がかかったり、PV数に応じた解析ツールのライセンス料が増大するなど大きな課題を抱え、モバイルサイトの解析も手付かずの状態となっていた。

 今回、「RTmetrics」を導入したことによって、ドメイン間の導線の把握や全社共通の解析指標による事業戦略立案が可能になり、各サイトにおける来訪者の行動が様々な切り口でレポート化されるため、400名以上の各事業部の担当者がマーケティング戦略の立案・評価などにアクセス解析を活用するようになったという。

 課題であったモバイルサイトのアクセス解析にも対応し、モバイルサイトもPCサイトも同じシステムと指標で同時に解析可能となった。また、費用面においても、解析ツールの統一によってTCO(総所有コスト)を大幅に削減。サイトの数やPVが増えれば、それだけ効率的なアクセス解析の必要性も高まってくる。これからは中小規模の企業においても、同じ課題が増えていきそうだ。

【関連記事】
目指せハーバード! 海外トップ大学志望者向けの進学塾をベネッセが開講
ベネッセ、中国版「こどもちゃれんじ」の会員が10万人突破、クチコミが顧客数増大を加速
大和ハウスとベネッセがコラボ、子育て重視の住宅プラン「ハッピーハグモデル」発表
オーリック、携帯サイトのアクセス解析ツールを無償提供
想定外のサイト来訪者行動も分析する、オーリックの「Advanced Analytic Module」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/12/12 12:10 https://markezine.jp/article/detail/6105

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング