SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

楽天が4つのAPIを公開、1000万超の商品データ取得が可能に

 楽天は、「楽天市場」のAPIを一般公開することを、1月17日に発表した。リリースされたのは、4つのAPIを含む「楽天ウェブサービス(β版)」。同時に、APIの利用に必要なIDの取得や関連情報が閲覧できる「楽天ウェブサービスセンター」のサイトもオープンした。

 API(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)は、これをサイトに組み込むことで、そのサービスを外部の企業や個人のサイトでも提供可能にするもの。グーグルやヤフーも自社サービスのAPIをすでに公開している。

 「楽天ウェブサービス(β版)」として公開されたのは、「楽天市場」の商品情報を取得する「楽天商品検索API」、楽天市場のジャンル名・ジャンル構造を取得する「楽天ジャンル検索API」、商品コードから商品情報が取得できる「楽天商品コード検索API」、「楽天ブックス」で販売している書籍情報を取得する「楽天書籍検索API」

 APIから楽天の1000万点を越える商品情報を取得することによって、誰でも商品情報を利用した独自のウェブサイトを構築することが可能になった。楽天は、今後もさらにAPIを公開する予定だ。

プレスリリース:「楽天 「楽天市場」のAPIを公開 「楽天ウェブサービス」β版の提供を開始」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング