SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ブログ・SNSの利用は「携帯メイン」の人が4割に

 インターネットメディア総合研究所は、個人におけるケータイ利用動向の調査結果をまとめた『ケータイ個人利用動向調査報告書2009』のキャリア・端末編とコンテンツ・ウェブサイト編の2冊を刊行した。

 刊行に伴い一部公開された調査結果によると、ブログの利用率は昨年の25%から26.2%へとやや上昇。携帯とパソコンを併用しているブログユーザーのうち、「パソコンでの利用が多いが、携帯電話でも利用している」が50.2%と最も高いものの、昨年から5.4ポイント低下。反対に、「携帯電話でのみ利用している」と「携帯電話の利用が多いが、パソコンでも利用している」を合わせた比率は41.2%と昨年から9.3ポイント上昇している。

ブログのケータイとパソコンの併用状況

 同様に、SNSの利用率も昨年の15%から今年は19.0%に上昇しており、併用状況で最も高いのは「パソコンでの利用が多い」の45.0%だが、昨年の55.6%から10.6ポイント減少。一方、「携帯電話での利用が多いが、パソコンでも利用している」が10.1%から21.0%へと大きく上昇し、利用の中心が携帯電話である比率が4割近くになっている。

SNSのケータイとパソコンの併用状況

 同調査によると、端末を1年以上利用しているユーザーの比率は昨年の47.3%から55.8%へと上昇し、利用している端末の購入価格が3万円以上の比率は昨年の5.4%から22.6%へ大きく変化している。こうした価格上昇のためか、端末を買い換える予定のあるユーザーは44.1%から35.9%へと減少している。また、契約純増数で低迷しているauは、キャリア満足度で1位となっており、2位NTTドコモ、3位ソフトバンクとなっている。

【関連記事】
携帯サイトを知ったきっかけで最も多いのは「携帯のメニューから」、携帯検索サイトを上回る
携帯における三大デジタルインセンティブは、待受画像・着メロ・Flash待受【IMJモバイル調べ】
mixi、プラットフォームの開放と利用制限の緩和を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング