SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「好感が持てるアスリート」1位は浅田・北島をおさえてソフトボールの「上野由岐子」が1位【博報堂DY調べ】

 博報堂DYメディアパートナーズと博報堂DYスポーツマーケティングは、アスリートの総合的なイメージを測定する「アスリートイメージ評価調査」2008年総括特別編を実施した。調査は首都圏と京阪神圏を対象に11月に行われ、対象エリアに在住の15~69歳の男女から600件のサンプルを得ている。

 イメージ総合ランキングでは、北京オリンピックで2冠に輝いた北島選手が1位。オリンピックイヤーの今年だが、プロスポーツからもまんべんなく選手が入賞しており、日本人がさまざまなスポーツ観戦を楽しんでいる様子がうかがえる。

1位: 北島 康介(水泳)
2位: 浅田 真央(フィギュアスケート)
3位: クルム 伊達 公子(テニス)
4位: 王 貞治(野球)
5位: タイガー・ウッズ(ゴルフ)
6位: 上野 由岐子(ソフトボール)
7位: デビット・ベッカム (サッカー)
8位: 石川 遼(ゴルフ)
9位: 高橋 尚子(マラソン)
10位: 野茂 英雄(野球)

 「好感が持てるアスリート」の1位は「上野由岐子」(ソフトボール)で、好感度は人気の「北島康介」や「浅田真央」を上回っている。「親しみやすいアスリート」のベスト3は「浅田真央」「高橋尚子」「田中将大」。「存在感があるアスリート」では、「王貞治」「タイガー・ウッズ」「清原和博」がベスト3となった。

 また、「精神的強さを感じるアスリート」には、「北島康介」「クルム伊達公子」「上野由岐子」「王貞治」「タイガー・ウッズ」が選ばれ、年代・国籍を超えて不屈の精神を発揮した人が高い評価を得ている。

【関連記事】
アスリートイメージ総合評価1位は「イチロー」【博報堂DY調査】
メッシ選手のブログがアメブロにオープン
ヤフーの北京オリンピック特集は1200万人以上が訪問、北島選手を応援するコカ・コーラの特設サイトがPVアップを牽引
女子ソフトボールはブログでも“金メダル”【2008年間注目話題ランキング】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング