SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

第6のメディア「デジタルサイネージ」、2015年には1兆円市場に

 デジタルサイネージは、薄型フラットパネルの低価格化、配信ネットワークの多様化、パッケージソフトの開発などによって、設置コストや運用コストが実用レベルに達してきたことから、ここ数年で30~50%の成長を見せている。シード・プランニングは、2008年の8月から10月にかけて行った調査の結果をもとに、広告・販売促進向けデジタルサイネージの将来性に着目して分析を行った。

 発表された資料によると、2008年のデジタルサイネージの国内市場規模は約560億円。その内訳は、ハードウエア・通信関連が311億円、表示コンテンツ関連が248億円となっている。

2008年 デジタルサイネージ国内市場規模

 同調査では、デジタルサイネージビジネスが、最も期待される広告・販促分野において順調に成長した場合、市場規模は2015年には1兆円を超える可能性があると試算。2008年時点ではハードウエア系の比率が高いが、2011年には比率が逆転し、2015年には市場全体の約6割がソフト系、4割がハードウエア系になると推定している。

デジタルサイネージ市場の将来予測

 顧客セグメントにあった広告をタイムリーに露出することができるデジタルサイネージの特性が認知されれば、今後は既存のアナログ看板・ポスター・POPなどをリプレースする可能性がある。しかし、デジタルサイネージが広告媒体として認知されるためには、効果測定手法の開発や指標づくりなどの課題がある。今後、業界全体でこれらの課題に取り組み、新しいメディアとしての地位を確立する必要がありそうだ。

【関連記事】
NTTレゾナント、受験生向けデジタルサイネージ広告の販売開始
病院での平均待ち時間は40分、待合室のデジタルサイネージにおける広告効果とは?
ソニー、デジタルサイネージによる広告配信サービス開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング