SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

あの名画に爆笑字幕がつけられる!動画編集サービス「i-Cut」

 「ポパイ」や「ベティブープ」、「スーパーマン」などの古典的な映画の包括的利用権を保有するDEPと、国内最大級の映画専門サイト「映画生活」を運営するウノウがコンテンツ面において提携し、新しく動画編集サービスを開始することを、1月24日に発表した。

 この提携によってスタートしたのが、古典映画を元ネタに動画編集が楽しめる「i-Cut!」。このサービスの最大の特徴は、1910~1980年代の懐かしの映画、アニメーション、ドキュメンタリーなどの動画素材をユーザーが自由に編集できるところ。誰もが知っている名画を編集し、自由に字幕をつけることで、簡単に爆笑ムービーを作って公開することができる。さらに、作成した動画はメールで送ったり、ブログに貼ることも可能。

当編集部が制作時間15分で作成した作品。
エフェクトもいろいろ用意されている。

 「i-Cut!」の利用には「映画生活」への登録(無料)が必要。「映画生活」の「動画」コーナーでは、サンプルムービーが公開されているが、これもなかなかおもしろい。再生が終わると、最後に使用した作品のリストが表示され、それをクリックすると作品ページに飛び、映画名や出演者の情報などを見ることができるので、映画の勉強にもなる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング