SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ウェザーニューズ、花粉の量で目の色が変わる計測ロボット500台を使った「花粉プロジェクト」始動

 今年で5年目を迎える「花粉プロジェクト」が、各地域に設置された花粉計測器「ポールンロボ」とともに、飛散した花粉数と自分の“症状などの情報を提供する「ポールン感測員」の募集を開始した。感測員になると、症状や対策などの情報が携帯サイト「ウェザーニュース」で随時公開されるほか、薬やマスクなどの対策がどれくらい効いているかを確認できる「My花粉カルテ」の作成や、自分の症状にあったオリジナルのメールサービスを受け取ることができる。

4代目となり小型化した「ポールンロボ」は
各地の協力者の自宅に設置される

 ウェザーニューズは「ポールンロボ」を花粉症の人500名に対して無料で貸与し、自宅や病院、企業で、風通しが良く雨が当たらない軒下などへ設置してもらう。このロボットは、人の呼吸と同じ量を吸引するように設定され、実際に人間が空気中で吸い込む花粉量を計測することができる。ロボットは、観測する花粉量により、花粉が飛んでいない状態の「白」から、「青」「黄」「赤」「紫」へと5段階で目の色が変化する。この観測データは、インターネット回線を通じ、リアルタイムでウェザーニュースのサイトに公開される。

花粉の量によって、ロボットの目の色が変化

   ポールン感測員への登録と花粉症状に関する質問に回答すると、「My花粉カルテ」を作成することができる。「My花粉カルテ」登録は、携帯サイト「ウェザーニュース」への有料(月額315円)の登録が必要になる。このカルテには、どれくらいの飛散量の時にマスクや薬が必要なのかが表示され、日々の対策に役立てることができる。また、マスクや薬が必要になった時には、お知らせメールも受け取ることができる。

【関連記事】
天気予報もiPhoneでくっきり、ウェザーニューズが無料アプリ公開
ウェザーニューズ、一般隊員からの情報で東京の「ゲリラ雷雨」捕捉率は76.7%
ウェザーニューズ、一般参加型の地震の“揺れ”観測プロジェクトをスタート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング