MarkeZine(マーケジン)

記事種別

1月の総検索回数は68億回で過去最高、その半数がYahoo!サイト

2009/03/11 12:00

 コムスコアが発表した資料によると、1月の日本における総検索回数は、前年同期比で9%の増の68億回で、過去最高となった。1月はYahoo!サイトが前年同期比13%増の35億回の検索回数を記録して1位となり、Googleサイトは26億回(同5%増)で2位、楽天が1億5,300万回(同38%増)で3位となった。また、上位10社の中では、Excite Japanが前年同期比で362%の伸びを示し、5,200万回の検索回数を記録している。ここで対象としている「検索回数」とは、当該プロパティの検索サイトでの検索回数だけでなく、検索サイト以外のサービスサイト(オークション、ショッピング、動画など)での検索回数も合算して算出している。

*インターネットカフェなどの公共のコンピュータ、および携帯電話やPDAからのアクセスを除く
**Google SitesにはYouTube.comを含む

 1月の検索者1人当たりの月間平均検索回数は約100回で、Yahoo!サイトが総検索回数の51%を記録し、Googleサイトが38%、楽天が2%で続いている。また、検索者1人当たりの検索回数を検索プロパティごとに見ると、Yahoo!サイトが最も高い62回となり、Googleサイトが55回で続いており、国内でのYahoo!ブランドの強さが改めて浮き彫りとなった。

*インターネットカフェなどの公共のコンピュータ、および携帯電話やPDAからのアクセスを除く
** Google SitesにはYouTube.comを含む

【関連記事】
新聞系ニュースサイト利用者数1位は「毎日.jp」、ポータルからの流入で「Yahoo!ニュース」は絶大な影響力
「続きはウェブで!」の予想だにしない展開とは?「Yahoo!検索スタッフブログ」がキーワード選びの落とし穴を検証
世界の検索キーワードのトレンドは「政治」と「SNS」、ではGoogle翻訳で急浮上した言葉とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5