SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

イラストレーターにおなじみのワコムが、DJ用インターフェースを開発

 ワコムは、新しい演奏スタイルを可能にするDJインターフェース機器「nextbeat NXT-1000」を発表した。イラスト制作用ツールのメーカーとして知られるワコムは、デザイン、イラスト制作を行う人向けにペンタブレットなどのツールを提供してきた。しかし、これらのツールは、音楽制作の現場でもアルバムのジャケット制作や音楽ソフトの操作・編集に使用されており、同社のブランドは音楽業界でも比較的高い認知があったという。

「nextbeat NXT-1000」は30cm×30cmのコンパクトなボディ

 ワコムがイラスト用ツールでつちかったタッチ技術を進化させ、音楽分野に転化した新製品「nextbeat NXT-1000」は、タッチセンサーによってコントロールされる2つの音源と、ミキサー、エフェクター、サンプラーの機能がコンパクトにまとめられ、タッチセンサーは押圧と指座標の高速検知が可能となっている。また、取り外し可能な操作部にはワイヤレス通信機能が搭載され、本体から離れて自由な姿勢で演奏することもできる。

 この製品は、今年の夏から日本・欧州で先行発売を予定しており、公式サイトが3月18日に開設されるほか、アメリカ・マイアミで「Winter Music Conference」、ドイツ・フランクフルトで開催される「Musikmesse」で初公開される。

【関連記事】
パソコンでのお絵描きがもっと楽しく、ワコムから大きなサイズのペンタブレット登場
モバゲー、イラスト投稿機能を使ってコンテストを開催
pixivが月間4億PV達成、1日のイラスト平均投稿数は約9000枚
DSで作った曲を大音量で披露できる「KORG DS-10 EXPO 2008 in TOKYO」10月に開催

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/03/13 13:15 https://markezine.jp/article/detail/6846

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング