SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

米国では「WBC」関心なし? 検索数に見る日米の違い

 MSNでは、産経新聞グループが編集する「MSN産経ニュース」で、日本戦リアルタイム速報を掲載していたことから、優勝が決まった24日午後2時半には、前日の同じ時間帯の約1.6倍のアクセスが集中。このほかにも、MSNホームページへのアクセスは平常時の約1.5倍、MSNスポーツへのアクセス数は約2倍となった。

 ビジネスパーソンの利用が多いMSNへのアクセスがピークとなるのは通常は12時から13時のお昼休みの時間帯。しかし、24日のピークは日本の優勝が決まった15時ごろとなり、この時間帯は北京五輪で北島康介選手が金メダルを獲得したときとほぼ同様のアクセス数を記録した。また、検索サービス「Microsoft Live Search」で最も検索されたキーワードを発表する「MSN気になる言葉」ランキングでも、大手サイトや「藤原紀香」「ETC」などを抑え「WBC」が全体の3位に急上昇した。

日米での「WBC」検索数の推移

 Microsoft Live Searchは全世界48の国と地域で利用されているが、米国内からの「WBC」検索数と、日本国内からの検索数を比較した結果、準決勝「日本対アメリ カ」当日の現地時間3月22日においても、米国内からの検索数は、日本国内からの検索数と比較してわずか17分の1程度。米国からの検索数が最も高まった18日の二次予選最終試合でも10分の1程度にとどまっており、日米のネットユーザーには温度差が見られた。

【関連記事】
みんな気になるWBC中継のバックネット広告は「ヴァーチャル広告」
WBC決勝の視聴率37.6%は高い?低い? ネットやワンセグで多様化するスポーツ観戦形態

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/03/25 16:40 https://markezine.jp/article/detail/6945

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング