SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第53号(2020年5月号)
特集「テレビ活用、その進化と真価」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ウェザーニューズとジュピターテレコム、視聴者参加型の気象情報番組を共同展開

 新しい気象情報番組「ウェザーニュース」は、J:COMのコミュニティチャンネル内で提供するもので、J:COMチャンネルのデータ放送開始と同時に提供を開始する。これによって、ウェザーニューズが約300万世帯に提供していたケーブルテレビ向け気象情報コンテンツは、J:COMチャンネル視聴可能世帯を合わせて約1,044万世帯で視聴が可能となる。

 番組では携帯サイト「ウェザーニュース」の有料会員(サポーター)が携帯電話を使って参加することができる。サポーターは、全国各地の“お天気記者”として、身近な気象の話題をウェザーニュースに報告し、番組ではその情報にコメントを加えながら随時紹介する。番組は、朝・昼・晩の1日3回に分けて更新され、気象状況によっては回数を増やして更新する。

番組では、サポーターから寄せられるリポートを織り交ぜながら気象状況を伝える

 また、両社は気象番組と連動した携帯サイトをJ:COMグループ各局で無料展開。番組で放送した内容を携帯電話上で見ることができるほか、ケーブルテレビで放送している「動画番組」もサイト上で提供する。

【関連記事】
ウェザーニューズ、花粉の量で目の色が変わる計測ロボット500台を使った「花粉プロジェクト」始動
天気予報もiPhoneでくっきり、ウェザーニューズが無料アプリ公開
ウェザーニューズ、一般隊員からの情報で東京の「ゲリラ雷雨」捕捉率は76.7%
ウェザーニューズ、一般参加型の地震の“揺れ”観測プロジェクトをスタート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング