SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電子マネー利用者数1位は「Edy」、2位「Suica」との差が拡大

 楽天リサーチは、3月に全国の20~69歳の男女計1000人を対象に、電子マネーに関する調査を行った。主に利用している電子マネーについてたずねたところ、「Edy」「Suica」「WAON」「nanaco」「PASMO」の5つが上位を占めた。昨年7月の調査結果と比較すると、「WAON」が3.5ポイント増加した一方、「Suica」が5.1ポイント、「nanaco」が3.9ポイント減少。1位2位の差はさらに広がるかたちとなった。

ショッピングでの電子マネーによる支払額(月額)(単一回答 n=1000)

 月の支払額でもっとも多いのは「1000円未満」(21.3%)で、「6000円未満」が全体の約7割。また、月の支払額の平均値は、景気後退の影響か昨年より387円マイナスの7356円となっている。

 いずれの電子マネーサービスも満足度は7割以上の高水準にあり、使える店の多さでは「nanaco」、ポイントプログラムの内容では「Suica」がもっとも満足度が高い結果となった。

主に利用している電子マネー 項目別満足度(2009年3月、単一回答、n=1000)
左:使える店の多さ 右:ポイントプログラムの内容

 電子マネーで支払い可能になるとよい店やサービスの上位は「スーパー」「ファーストフード店」「コンビニエンスストア」「自動販売機」となり、今後は利用時の特典(ポイントやマイル)の充実を望む声が多くあがっている。

【関連記事】
日本インターネットポイント協議会がガイドライン更新、ポイントと電子マネーとの違いを明確化
ヤフオク、電子マネー口座による決済を導入
DACとビットワレット、Edyを中心としたマーケティング事業の検討に向けてLLPを設立
SuicaとYahoo! 、ポイントの相互交換が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/04/21 17:12 https://markezine.jp/article/detail/7164

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング