MarkeZine(マーケジン)

記事種別

小中学生の定額給付金の使いみち1位は「貯金」

2009/04/24 11:50

 ネットマイルとバンダイナムコゲームスの「キッズリサーチ」で、3月に「おこづかいと定額給付金」についてのアンケート調査を実施し、小中学生669名から回答を得た。

 「定額給付金」について内容まで知っている子どもは全体の半数を超えており、受け取れる金額についても「知っている」と回答したのは63.6%。その使いみちを聞いたところ、1位「貯金する」、2位「親にあげる」、3 位「自分の好きなものを買う」となった。この使いみちについては、「自分で決めた」という子どもは1割程度にとどまり、「親が決めた」が3割を超えて最も多くなっている。

定額給付金のの使いみち

 使いみちについては性別で違いが見られ、「貯金する」や「衣服やコスメなどを買う」という回答は女の子に多くなっている。「衣服やコスメなどを買う」は小学校中学年では1割にも満たないが、小学校高学年と中学生ではともに2 割近くにのぼっている。

 また、定額給付金を現金以外でもらうとしたらほしいものとしては、「図書カード」が圧倒的に多く、次いで「文具券」「遊園地券」「映画チケット」となっている。

【関連記事】
子ども向けAERA「月刊ジュニアエラ」創刊号は「貧困」特集
定額給付金は若者の3割が「貯金」、くれるなら「5万円」ほしい
小学生の6割が「携帯メールが学力低下につながる」と回答、帰宅から深夜に利用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5