MarkeZine(マーケジン)

記事種別

スポーツの感動が環境を変える? 博報堂DYが研究プロジェクトをスタート

2009/05/11 11:15

 国立環境研究所、筑波大学大学院とともに実施する「スポーツのエコ・プラスバリュー」調査研究は、スポーツがもたらす環境に対する意識が環境保全において果たす役割や影響力を測定、解明するもの。スタジアムでのアナウンス告知、公式サイトやクラブ会報誌などで環境アクションへの参加を呼びかけ、アンケート調査などによって、スポーツがもたらす環境意識や行動誘因のポテンシャルなどを分析。実際に環境負荷をどの程度低減できたかを算出して、CO2削減効果などを検証する。

 5月10日に行われた鹿島アントラーズ 対 清水エスパルス戦では、クラブチームから、環境アクションへの参加を呼びかけ、参加したサポーターにアンケート調査を実施している。

【関連記事】
博報堂が脳科学マーケティング実験、「ガンバ」ファンと「ハーレー」ファンの脳の違いとは?
GoogleとWPPがオンライン広告の研究を助成、心理学・脳科学も援用
博報堂が米バイオロジー社と提携、ニューロマーケティングを強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5