SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

はてなとWiiとYouTubeが、新しいテレビつくりました。「Rimo」スタート

 はてなは、2月16日、簡単な操作でYouTubeの人気クリップを次々と再生して楽しめる新サービス「Rimo(リィモ)」をリリースした。このサービスは、PCと任天堂のゲーム機「Wii」で楽しむことができる。

 「Rimo」は、テレビのリモコンのような操作画面を使って、動画共有サイト「YouTube」で話題のクリップをピックアップして再生する動画サービス。通常のテレビ番組と同じように、約1日おきに新しい番組プログラムを配信する。

「Rimo」のロゴマーク。リモコンてピピッと動画を楽しめるイメージだ。
 

 また「Rimo」は、任天堂のゲーム機「Wii」の「インターネットチャンネル」でも利用可能となっており、「http://rimo.tv/」にアクセスすると、Wii専用のRimoが表示される。

 気になる動画の著作権侵害の問題について、はてなはYouTubeに掲載されている人気動画を自動抽出し、テレビのように簡単に見るためのビューワやブラウザのようなサービスであって、サービスそれ自体が著作権侵害を幇助するものではないという見解を明らかにしている。また、著作権者が動画の無断掲載を発見した場合、権利者からの申し出によってYouTubeが削除対応するとしている。

 WiiでYouTubeを気楽に楽しむためのサービスは「Rimo」だけではない。「WiiToob」というサイトでは、「Most Viewed」や「Most Discussed」といったメニューを設けて注目のクリップを紹介している。また、「WiiPoP」というサイトでは、トップページに並んだ大量のキーワードをクリックすると、そのカテゴリのクリップが表示され、YouTube以外にも「はてな」や「Qooql」、「livedoor」などで話題のビデオを紹介する「Pop Videos」というコーナーも用意されている。

 検索で目的の動画をピンポイントで発見するのではなく、「なんとなくみんなが見ているものを見たい」という漠然とした欲求を満たしてくれるこれらのサービス、自分のスタイルに合ったものが見つかれば、なかなか重宝しそうだ。

参考資料:
「本日、はてなの新サービス「Rimo(リィモ)」をリリースしました。」
「Rimo - 取扱説明書」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング