SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通が中期経営計画発表、人材育成・コスト削減も

 デジタル・テクノロジーの発展によって、生活者、企業、メディア関係が大きく変化しつつある現在、電通グループは、こうした活動の基盤となる「プラットフォーム」に注目。新中期経営計画のスローガンとして「プラットフォーム時代への挑戦」をかかげている。

 2013年度を最終目標とする「Dentsu Innovation 2013」では、サービス、ビジネスモデル、グローバル、人材、コストの5つの領域でイノベーションを設定。このうち「サービス・イノベーション」では、グループ内での専門性や連携を強化しながら、マスメディア、デジタル関連サービス、プロモーション、コンサルティングなど、多様なニーズに応じたサービス体制の構築を実現する。

 また、「人材イノベーション」では、人事制度・育成制度の抜本的改革を行い、教育制度の充実とキャリアパス、ワークスタイルの多様化を推進。 「コスト・イノベーション」では、事業構造の変化に応じた利益管理体制を強化し、間接部門を中心に業務体制の見直しを進め、グループ全体で業務の効率化とスリム化の推進をはかるとしている。

 電通グループは経営目標として、2013年度末までに、連結営業利益700億円、オペレーティング・マージン(営業利益÷売上総利益×100)20%以上、ROE8%達成をかかげている。

【関連記事】
電通、NYに新会社「電通スポーツアメリカ」設立
電通が電子雑誌販売「マガストア」今夏スタート、広告配信も提供
電通・高嶋社長「デジタル化をチャンスとして不況を乗り切る」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/07/22 11:05 https://markezine.jp/article/detail/7859

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング