SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2006年の音楽配信サービス売上高が500億円突破、シングルCD生産額を超える

 社団法人日本レコード協会は2月23日、「2006年第4四半期及び2006年年間有料音楽配信売上実績について」を発表した。

 発表された資料によると、インターネットダウンロードとモバイルにおける、有料音楽配信の売上実績は、前年比56%増の534億7,800万円となり、500億円の大台を超えた。この数字は、同協会が発表した、2006年1年間に生産されたシングルCD(8cm CDと12cm CD)の生産額508億4,700万円を上回るもの。

2006年のシングル生産額と有料音楽配信売上の比較。
(データはいずれも日本レコード協会調べ)

 とはいえ、アルバムCDを含むCD全体の生産額は3,445億1,800万円となっており、音楽配信サービス売上高の7倍近く。特徴的なのは、音楽配信のうち約9割がモバイルでの利用となっていること。iPodのようなプレイヤーに直接ダウンロード購入した音楽を取り入れて楽しむというスタイルはまだ定着したとはいいがたい状況のようだ。

プレスリリース:「2006年第4四半期及び2006年年間有料音楽配信売上実績について」
参考資料:「2006年12月 レコード生産実績」 (日本レコード協会)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング