SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

YouTubeの著作権対策は「動画の音声」によるフィルタリング

 YouTubeが著作権違反の動画対策に乗り出した。ひとたび違反だと判定されると、関連する動画は一切アップロードできなくなるかもしれない。

 MercuryNews.comによると、GoogleはYouTubeの違法動画アップロード対策として、Audible Magicの技術を使う方向で準備に入っているようだ。この技術は投稿動画の音声を抽出し、あらかじめデータベースで管理されている著作権音声情報をすりあわせることで、動画が著作権違反かどうかを判断する。音声で識別されるため、仮に著作権に抵触する動画の一部を切り取り、他の動画の中に挿入したような動画でも有効になる。また、本来動画とは関係ない音楽をのせて編集したファイル(いわゆるMADムービーなど)もはじかれることになる。

 今までYouTubeでは違法動画に対し、削除要請があったときのみ削除するという後手にまわった対応をしていたが、このフィルタリングを導入することにより、動画が投稿されるタイミングで違法動画を拒否することができる。加えて、一度「違法」と判断した動画は、どのアカウントからの投稿であっても、金輪際受け付けないという措置をとることも可能になる。

 なお、このフィルタリングはすでに大手SNS「MySpace」に導入されている。

参考記事:"Google to start filtering YouTube videos" (MercuryNews.com)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング