MarkeZine(マーケジン)

記事種別

防災グッズ売上1位は「トイレ」、災害時のイメージ鮮明に

2009/09/09 14:15

 「もしもドロップシッピング」では、8月度の防災グッズ売上が前月度の223%に増加した。人気を集めたのは、小型の携帯用トイレや携帯用浄水器、振るだけで充電できる電池不要の懐中電灯、地震を感知して光とサイレンで場所を知らせるアイデア商品など。

 懐中電灯やラジオなどの定番商品だけでなく、トイレやきれいな水の確保など、災害時の生活必需品についての具体的なイメージが浸透していることをうかがわせる。もしもでは、防災グッズの需要増加傾向は、今後1か月程度継続すると予測している。

【関連記事】
ドコモら5社、個別に運営している災害伝言板の横断検索機能を開発
今年日本人が注目したQ&Aは、“9月13日東海地震説”・妊娠・ダウンロード
暖房費節約にも一役買いそうな、人気の「あったかグッズ」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5