SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第53号(2020年5月号)
特集「テレビ活用、その進化と真価」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ネットマーケを斬る!4大サイト編集長の辛口コラム

不況下のネットマーケティングと行動ターゲティング広告の未来

 このコラムは、「MarkeZine」と「Web担当者Forum」「日経ネットマーケティング」各サイトの編集長が、1つのテーマについて語るコーナーです。 他サイト編集長のコラムも併せてご覧ください。 ・“一律カット“の呪縛から逃れ、構造的パワーシフトへ対応せよ (日経ネットマーケティング) ・不況の今こそWebに“人間力”を取り戻そう (Web担当者Forum)

2009年のネットマーケティング

 世界的な金融危機「リーマン・ショック」から一年がたった今も、不況の出口はまだ見えてこない。各部門の予算削減が錦の御旗のようになる中で、ネットマーケティングに関わる担当者はどのように行動すべきなのだろうか。今回は、各社の関係記事を俯瞰的に整理しながら、その糸口を探ってみたい。

 ・成長?停滞?不況下のネットマーケを占う

 2009年のネットマーケティングは成長を続けることができるかどうか、この記事では、以下の4点が成長を左右するポイントになるだろうと述べている。

  1. ネット広告、ケータイ広告の指標確立
  2. 自社サイトの制作コストの費目は?
  3. 高まるクロスメディアの重要性
  4. 新しい広告手法や媒体の台頭

 特に1番のネットの指標が確率されていない、というのはよく言われることだが、最近TechCrunchの記事でも、元CNETのCEOが「ごみに金を払った者はごみを得る」などやや強い調子でCPM(広告の表示回数(1000回)あたりの費用)の廃止を訴えたりしていた。業界のコンセンサス作りにはいまだ時間がかかりそうだ。

 ・CPMを殺しましょう, 絶対に生き返らないように

ネットマーケティング9つの手法

 マーケティングの意志決定のためには、そもそも、インターネットで利用可能な手法として何が存在するのか、知る必要がある。この記事では、次の9つに分類した上で、個々の問題解決に拘泥するのではなく、戦略レベルから問題を考えることを提案している。

 ・ネットマーケ手法を9つに分類して周辺要素をまとめてみた(前編)

  1. ディスプレイ広告
  2. Eメールマーケティング
  3. クリック課金(PPC)広告
  4. ネットPR
  5. 検索エンジン最適化(SEO)
  6. アフィリエイトマーケティング
  7. ソーシャルメディアマーケティング(SMM)
  8. バイラルコンテンツキャンペーン
  9. コンバージョン率最適化(CRO)

予算とビジネス目標の組み合わせで考えるWebマーケティング

 続く続編では、9つの手法を費用対効果やコストごとにランク分けしている区分表が興味深い。マーケティングチャンネルを3層に分け、それぞれ、ROI(費用対効果)、作業量、コストの平均を著者の「私見」ではあるがうまく整理している。

 ・予算・ビジネス目的別 9つのネットマーケ手法 選択チャート(後編)

 組織が持っている強みを考慮して、ビジネス目標と予算ごとにどの手法が適しているかが、わかりやすい。たとえば、予算が多くあってブランド認知目的なら「ディスプレイ」、予算少なく売上目的なら「CRO(コンバージョン率最適化)」といった具合だ。

 そして、こういったマーケティングの新たなチャンネルの一つとして、注目されているものに「行動ターゲティング広告」がある。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
行動ターゲティング広告が注目されるわけ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ネットマーケを斬る!4大サイト編集長の辛口コラム連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

初代 秋男(ショダイ アキオ)

MarkeZine開始時に、編集長っぽい仕事をしていた人物。現編集長がドバイから緊急帰国しないので、代筆。 

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング