SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

帰ってきた「ニコニコ動画」、自前投稿サイト「SMILEVIDEO」を利用

 ニワンゴが運営する、動画に字幕でコメントをつけて楽しむサービス「ニコニコ動画」が、DDoS攻撃とYouTubeからのアクセス拒否によって、2月24日にベータサービスをいったん終了していたが、3月6日に「ニコニコ動画(γ)」として復活した。

 ガンマサービスでは、YouTubeの動画は利用せず、Ameba Vision、フォト蔵、そして自前の動画投稿サイト「SMILEVIDEO」へ投稿されたビデオを利用するサービスへ変更。これまでは動画投稿は受け付けず、他サイトにある動画データを利用するスタイルだったが、ここで一気に方向転換。開発者ブログによると、ガンマテスターを募集したところ、24時間足らずで10万人が一気に集まったという。現在、ログイン数制限をかけており、10万人までしかログインできないが、これはサーバなどの増強が済み次第、解除していくようだ。利用の際には、メールアドレスとパスワードの登録が必要となる。

 「ニコニコ動画」がYouTubeにアクセスを拒否された理由については、「ニコニコ動画」から短期間に大量のアクセスが発生したことが問題となったのではないかと言われているが、詳細は明らかになっていない。世界中からアップされた動画データを持つYouTubeを利用するという選択肢をあっさり捨て、自前投稿サイトを持つ道を選んだ「ニコニコ動画(γ)」。まだ動画投稿数は1万件台だが、これがどのように増えていくかも注目だ。

プレスリリース:「ニワンゴ、『ニコニコ動画(γ)』のテスターサービスを開始」

【お詫びと訂正】

 ニュース公開時、タイトルが「「帰ってきたニコニコ動画」あらため「SMILEVIDEO」」となっており、本文にも、「(ニコニコ動画が)まもなく動画投稿サイト「SMILEVIDEO」として新しく生まれ変わる。」などの記述がありましたが、正しくは動画にコメントをつけるサービス「ニコニコ動画(γ)」と動画投稿サイト「SMILEVIDEO」は別のサービスです。読者ならびに関係者にご迷惑おかけいたしましたこと、お詫びして訂正いたします。(2007/3/7)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/24 19:17 https://markezine.jp/article/detail/849

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング