SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

小中学生が最もよく行くコンビニは「セブン‐イレブン」
半数以上が休日利用

 バンダイナムコゲームスとネットマイルは、9月に小中学生を対象とした「コンビニ利用」についてのアンケート調査を行った。全体の3割以上の子どもが週に1回はコンビニを利用しており、コンビニを「ほぼ毎日」利用している子どもは全体の2.6%。「週に3~4回くらい」は10.0%となっている。最もよく行くコンビニは「セブン-イレブン」で、「ローソン」「ファミリーマート」が続いている。

最もよく行くコンビニは?

 よく行くコンビニとしては、家の近くのコンビニが全体の68.6%と圧倒的に多く、半数以上が休日にコンビニを利用している。コンビニは8割近くの子どもがお菓子を買うために利用しており、お菓子の購入目的の利用は、女の子が男の子を2割近く上回っている。また、中学生のコンビニ利用は全体にほかの学年よりもポイントが高く、「飲み物を買いに」「時間つぶし」といった多様化が見られた。 

【関連記事】
コンビニで出版社共通デザインの書籍を販売
「Amazonギフト券」のコンビニ販売拡大
「カップめんが昼食」6割以上、コンビニ弁当・ファミレスの代わりに利用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/10/20 13:15 https://markezine.jp/article/detail/8632

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング