SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

メディアネットとアエリアファイナンス、ウェブサイトの買収・売却を行う「サイトキャッチャーファンド」設立

 メディアネットは、アエリアファイナンスと共同で、ウェブサイト運営の資金面での支援や、ウェブサイトの買収・売却を行う「サイトキャッチャーファンド有限責任事業組合」を設立したことを、3月13日に発表した。 

 このファンドは、メディアネットのウェブサイト売買仲介サービス「サイトキャッチャー」と連携し、優れたウェブサイトを保有・運営しながら事業を拡大できない運営者から運営権を買い取り、運営の引継ぎを行う。買い取ったウェブサイトは、アエリアファイナンス、メディアネット、その他協力会社などの支援によってウェブサイトの価値を高めていく。そのほか、サイト運営ノウハウや、資金がない事業者に対して資金拠出、運営のコンサルティングを行っていくという。

 同ファンド出資者は、アエリアファイナンスとメディアネットで、それぞれ出資比率は50%。設立時期は3月16日を予定しており、存続期間は2年間。さらに、協力会社には、サイバーエージェント、ネットプライス、インタースペースが名を連ねている。

 また、メディアネットは同日、アフィリエイトサービス「アクセストレード」を運営するインタースペースとの業務提携も発表。「アクセストレード」の顧客の中で、閉鎖を検討している優良ウェブサイトの情報を運営管理者の同意を得て「サイトキャッチャー」に紹介。「サイトキャッチャー」は譲渡の完了したサイトを、サイト管理者の希望に応じてアフィリエイトパートナーとして「アクセストレード」に紹介する事業を展開していく。

プレスリリース:
「サイトキャッチャーファンド」設立のお知らせ」
「メディアネット、インタースペースと業務提携」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/09/12 17:50 https://markezine.jp/article/detail/904

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング