MarkeZine(マーケジン)

記事種別

J:COM、4月に3Dコンテンツを配信

2010/02/12 11:30

 国内電機メーカー各社が3Dテレビの発売を予定している今年、ジュピターテレコム(J:COM)は既存のVOD配信ネットワークを通じて、いち早く3Dサービスを提供する。利用者は3DテレビとSTB(セットトップボックス)を接続して、専用メガネを使用し、家庭でハイビジョン画質の3D映像を視聴することができる。

 4月に開始する商用サービスでは、J:COMグループ傘下の専門チャンネルを中心に、映画やスポーツ、紀行番組などのコンテンツを国内外から調達する。また、J:COMは今後、パナソニックとプロモーションやコンテンツ分野で連携していく。

【関連記事】
ソニーら3社、米国で3D専用TVネットワークを立ち上げ
ソニーとPGA、ゴルフ映像を3D配信へ
KDDIがJ:COMに3617億円出資、筆頭株主に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5