MarkeZine(マーケジン)

記事種別

世界のスマートフォン販売台数は23.8%増
スマートフォンOS三強はSymbian、RIM、iPhone

2010/02/24 13:15

  2009年に販売された携帯電話は12億1100万台で、前年比0.9%減だが、第4四半期は3億4000万台で前年同期比8.3%増となっている。好調のスマートフォンは、第4四半期に5380万台(前年同期比41.1%増)、2009年全体では1億7240万台(前年比23.8%増)となった。

2009年 世界のエンドユーザー向け携帯端末販売台数

 上に示したメーカー別の携帯電話販売台数のグラフでは、上位5社のうち3社が販売数を落としている。一方、スマートフォン市場では、アップルは14.4%、Research In Motion(RIM)は19.9%と市場シェアを大きく伸ばしている。

OS別に見た2009年世界のエンドユーザー向けスマートフォンの販売台数

 スマートフォンOS市場では、Symbianが首位を守っているもののシェアはついに50%を割った。一方、2009年に最も好調だったのは、AndroidとiPhone OSで、iPhoneのシェアは6.2%、Andoroidは3.5%増加。そのあおりを受けて、Microsoft Windows Mobileのシェアは4位に転落した。

2008年と2009年 スマートフォンOSシェア比較

【関連記事】
マイクロソフト、より洗練されたインターフェイスの携帯OS「Windows 7 Series」発表
スマートフォン所有者の6割がソフトバンクを選択、auはわずか0.5%
iPhoneが前年同期比523%で2位に浮上、混戦の端末OS勢力図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5