SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

世界のスマートフォン販売台数は23.8%増
スマートフォンOS三強はSymbian、RIM、iPhone

  2009年に販売された携帯電話は12億1100万台で、前年比0.9%減だが、第4四半期は3億4000万台で前年同期比8.3%増となっている。好調のスマートフォンは、第4四半期に5380万台(前年同期比41.1%増)、2009年全体では1億7240万台(前年比23.8%増)となった。

2009年 世界のエンドユーザー向け携帯端末販売台数

 上に示したメーカー別の携帯電話販売台数のグラフでは、上位5社のうち3社が販売数を落としている。一方、スマートフォン市場では、アップルは14.4%、Research In Motion(RIM)は19.9%と市場シェアを大きく伸ばしている。

OS別に見た2009年世界のエンドユーザー向けスマートフォンの販売台数

 スマートフォンOS市場では、Symbianが首位を守っているもののシェアはついに50%を割った。一方、2009年に最も好調だったのは、AndroidとiPhone OSで、iPhoneのシェアは6.2%、Andoroidは3.5%増加。そのあおりを受けて、Microsoft Windows Mobileのシェアは4位に転落した。

2008年と2009年 スマートフォンOSシェア比較

【関連記事】
マイクロソフト、より洗練されたインターフェイスの携帯OS「Windows 7 Series」発表
スマートフォン所有者の6割がソフトバンクを選択、auはわずか0.5%
iPhoneが前年同期比523%で2位に浮上、混戦の端末OS勢力図

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/02/24 17:21 https://markezine.jp/article/detail/9690

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング