SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

厳しい経営環境だからこそ伸びる「CRM」市場
セールスフォース・ドットコムが初のシェア1位に

不況だからこそ伸びるCRM市場

 昨年12月から今年の2月にかけて行われた調査では、国内CRMパッケージベンダー7社が対象となった。2009年のCRMパッケージライセンス市場は、前年比4.1%増の173億円。この成長を支えたのは、初期コストをかけずに小規模でも利用できるオンデマンド型(SaaS型)のCRMベンダーの台頭である。また、厳しい経営環境から、IT予算を実効性のある分野に配分したいと考える企業の存在も大きい。

 これらの要因によって、IT投資全体ではマイナス基調が続くものの、2010年のCRMパッケージライセンス市場は184億円(前年比5.9%増)、2012年には207億円に達する見通しだ。

2009年市場シェア1位はセールスフォース・ドットコム

 2009年はオンデマンド型(SaaS型)が前年比9.3%増、オンプレミス型(自主運用型)が0.2%増で、オンデマンド型の伸びが大きい。オンデマンド型CRMベンダーの中でも、セールスフォース・ドットコムは2009年に市場全体ではじめてシェア1位を獲得。2010年以降も1位を維持しそうな勢いだ。

 CRMパッケージの導入は、数年前までCRMはオンプレミス型が主流だったが、近年、オンデマンド型主導へと変化している。とはいえ、カスタマイズの柔軟性、既存システムとの連携の容易さという、オンプレミス型のメリットは依然として大きい。また、「クラウドコンピューティング」が注目を集めているが、市場では、SaaSが定着したといえる段階に入っている。

【関連記事】
総務省、ポータルサイト「自治体クラウド」開設
ミクシィとセールスフォース、mixiアプリと顧客管理システムの連携サービス開始
不況下で伸びたSEO市場、成果報酬型が成長を後押し

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング