MarkeZine(マーケジン)

記事種別

シャープ、裸眼で2D/3D映像が楽しめる液晶ディスプレイを開発

2010/04/02 17:45

 今回開発された3D液晶ディスプレイは、光の進行方向を制御し、左右の眼に届く光の視差を応用して、立体表示させる「視差バリア方式」を採用している。

画面を縦にしても横にしても3D表示が可能なため
スマートフォンなど高機能なモバイル機器にも適している

 従来この方式は、3Dに切り替えたときの表示品位が低いことが課題となっていたが、業界最高輝度を実現することによって、表示品位を大幅に改善。モジュールの厚みは、タッチパネル付きでも従来の2Dタイプと同等に抑えられている。

 シャープは、タッチパネルを搭載していないタイプも開発し、本年度上期から、タッチパネル機能を除いたタイプから順次量産を開始する。

【関連記事】
任天堂、裸眼で立体視を実現するゲーム機「ニンテンドー3DS」を開発
携帯電話で3DによるAR体験が楽しめる「モバイル3D」
ソニー、ライブイベントを3Dで生中継

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5