SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

はてなが位置情報を利用したサービス「はてなココ」開始
スポット検索、Twitter連携、アバター機能も

位置情報を使ったソーシャルサービス「はてなココ」

 「はてなココ」は、基本的にモバイル向けのサービスで、携帯電話やスマートフォン(iPhone、Android)などのGPS機能を利用し、自分が実際に訪れた施設や飲食店の写真や感想を、はてなココ上の「ともだち」と共有したり、一般に公開することができる。

 はてなココは、米国で話題になっているfoursquareのようなロケーションベースのソーシャル系サービスで、ユーザーが「イマココ」を押して位置情報を送信すると、近くにあるスポット一覧が表示され、自分が実際にいる施設や飲食店を選択できる。GPS情報そのものでなく、施設などのスポット情報としてまとめられるところが特徴だ。スポットは約1万件がすでに登録されているが、未登録のスポットは初めて「イマココ」したユーザーが作成できる。スポット検索だけなら、はてなにユーザー登録していなくても利用できる。

アバターと写真を組み合わせて楽しめる「イマココ写真」

 検索したスポットに対しては、感想と写真を投稿することができる。このとき、写真はインスタントカメラ風に加工され、感想が手書き風フォントで書き込まれる。また、ユーザーのアバター「ハッピィ」も写真に映り込んで表示される。こうして作成された「イマココ写真」は、はてなココ上で公開されるほか、Twitterやmixiに投稿することもできる。なお、実際の写真画像の置き場所には、はてなフォトライフが利用される。

「はてなココ」のアバター「ハッピィ」と写真を
カンタンに組み合わせることができる

 ソーシャルネットワーク的な機能として、ユーザーがmixiのように相互に承認しあうことで「ともだち」の関係になれる。イマココ写真などはインターネットに公開されるが、最近のイマココ履歴をチェックしたり、イマココにコメントを付けることは、ともだち関係だけができる仕組みになっている。

 アバター「ハッピィ」は、はてなココ上での分身として作成が必須となっており、携帯電話のFlash Liteを使って顔の輪郭や髪型など細かくカスタマイズができる。また、洋服や着ぐるみ、各種アイテムなどを、はてなスターの「カラースター」との交換で入手できる。カラースターは、クレジットカードやNTTドコモのケータイ払いで購入できる。

ポイントが貯まる、移動距離の計算もしてくれる

 「はてなココ」には、そのほかにもさまざまな機能がある。同じスポットに何度も「イマココ」して「常連」になったり、スポットにレビューを投稿したり、位置情報をともなわないただのツイートを「ともだちの新着」として書き込むこともできる。なお、「ともだちの新着」は、これまで「はてなハイク2」としてテストされていたツイート機能が移行したものとなっており、はてなハイク2は5月31日でのサービス終了がアナウンスされている。

 さらに、スポットを新規に登録したりすると、ユーザーに「コココイン」という現在はまだ何に利用できるのか秘密のポイントが貯まったり、移動距離を計算してくれたり、同じスポットにイマココしているユーザーが最大5人まで同じ写真に映り込んだりする仕掛けも導入されている。

 なお、はてなでは「はてなココ」をモバイル向けサービスと位置づけているが、Google ChromeでGEARを利用するなどして位置情報を取得できれば、普通のブラウザでも「イマココ」することが可能となっている。

【関連記事】
スマートフォンでバーコードを読み取って商品情報を投稿・共有する「はてなモノリス」
iPhoneを振ってブクマを登録できる「はてなブックマーク for iPhone」公開
はてなの新ミニブログサービス、複数の人格を使い分けられる「分身機能」も

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

モーリ・タロー(モーリ タロー)

フリーダムなIT系編集者・ライター 90年代半ばからIT系書籍編集者として『FreeBSD徹底入門』『ウェブログ入門』『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』などを手がける。 2008年に独立し、ソーシャルメディア、オープンソース関連を中心に執筆活動を行う。 2012年4月から、株式会社はてな シニア・エディター。●hatena: http://www.hatena.ne.jp/mohri ●twitter: http://twitter.com/mohri ●Facebook: http://www.facebook.com/imkt5l

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/04/12 11:49 https://markezine.jp/article/detail/10079

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング