SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、「子ども自身が答える」インターネット調査手法を開発、小学生調査パネルは約1万人

 電通と電通リサーチは、「どっちカード」というビジュアルを活用して子ども自身の本音を引き出す調査手法を開発し、給付される子ども手当の使い道として想定される「教育」「ファッション」「レジャー」などについての調査を実施した。3月に行われた調査では、親に、「代わりに答えない」「無理強いしない」など「子どもの本音を引き出す5か条」を守ってもらい、1都6県の小学校1年~6年生の男女個人600名から回答を得た。

 電通と電通リサーチはこうしたインターネット調査を実施するための小学生調査パネル「子どもの本音ネット」を整備。パネル総数は約1万人で、課題に応じて長子や末子、兄弟人数、エリアを絞って抽出することも可能となっている。

【関連記事】
子どもの進路へのアドバイス「難しい」と感じる親は7割、先行き不安が影響
子どものスポーツや習い事の費用、年収によって3倍の開き
小中学生の定額給付金の使いみち1位は「貯金」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/04/22 10:35 https://markezine.jp/article/detail/10180

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング