MarkeZine(マーケジン)

記事種別

東南アジアのスマートフォンOSシェアでiPhoneがAndroidを圧倒【AdMob調査】

2010/05/13 13:10

 調査対象となったのはインド、インドネシア、オーストラリア、フィリピン、タイ、ベトナム、マレーシア、シンガポール、香港。2010年第1四半期の携帯端末のシェア1位はNokia(47%)で、2位Apple(16%)、3位SonyEricsson(11%)。スマートフォンのOSシェアは、1位Symbian OS(62%)、2位iPhone OS(33%)、3位Android(2%)で、1位と2位でこの地域の95%を占める結果となった。

iPhoneとiPod touchユーザーの成長率
(2009年9月~2010年3月)

 iPhone OSを搭載したiPhoneおよびiPod touchのユーザー数の伸びが最も顕著だったのはシンガポールで、200%に迫る高い成長率となった。iPhone OSはオーストラリア、シンガポール、香港で最も普及しており、この3か国でiPhone OSのトラフィックの8割を占める。

 ちなみに筆者がゴールデンウィークにシンガポールを訪れたとき、電車の車内などでiPhoneを利用している人をよく見かけ、iPhone人気を実感したことを付け加えておく。

【関連記事】
世界のスマートフォンOS三強はSymbian、RIM、iPhone
米スマートフォン市場、AndroidがiPhoneを抜いて2位に
ほぼ1日中携帯を使い続ける高校生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5