SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「再入荷通知メール」で年間300億円のスタートトゥデイ、新たにユナイテッドアローズと在庫連動システム導入

 在庫連動システムの導入によって、ZOZOTOWNとユナイテッドアローズの自社ECサイトだけでなく、ユナイテッドアローズが倉庫に持つ在庫の情報を共有することが可能となった。つまり、ZOZOTOWNに在庫がない場合でも、アパレルメーカーの倉庫の在庫を販売することが可能になる。

ZOZOTOWNと「UNITED ARROWS LTD. ONLINE STORE」の
倉庫に在庫がない場合も、ユナイテッドアローズの物流倉庫に在庫が
ある場合は取寄品可能として画面表示される

 欠品商品に対して、ZOZOTOWNでは、再入荷を知らせるメールの申し込み機能や、アパレルメーカーの自社ECサイトの運営支援事業を通して在庫情報を共有することで対策を行ってきた。昨年度1年間で、再入荷お知らせメールに申し込みがあった合計金額は約300億円に相当するという。

【関連記事】
スタートトゥデイ、通期売上高は60.4%増の171億円
スタートトゥデイ、ユナイテッドアローズのEC支援
「ZOZORESORT」会員数が100万人を突破、SNS開設も視野に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング