SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

真説! ソーシャルメディアマーケティング

ソーシャルメディアマーケティングで重要な、
口コミを“力づける”環境づくりと口コミを“取り込む”姿勢


 ソーシャルメディア上では、企業も一人の「個人」として扱われる。既存のマーケティング思考では立ち居振る舞いが非常に難しい点ではあるが、一人一人の顧客と強い関係性を結ぶことができれば、それは非常に大きな資産に変わる。最終回となる今回は、顧客の口コミの影響力を最大化するEnergizing戦略 と、顧客と一緒になってビジネスを改善していくEmbracing戦略について解説していく。【バックナンバー】

口コミ影響力の最大化と顧客のビジネスプロセス統合

 ソーシャルメディア上で能動的に顧客に働きかけ、関係性を構築していくエンゲージメント戦略。最終回となる今回は、ロイヤルカスタマーの発見と、その影響力の最大化を目指す「Energizing(活性化)」、顧客をビジネスプロセスに統合する「Embracing(統合)」の2つの戦略について、国内スモールビジネスと米国グローバルカンパニーの事例を通じて解説していく。

ソーシャルメディアマーケティングの5つの戦略図
ソーシャルメディアマーケティングの5つの戦略図

Case Study: Baby FootによるEnergizing ― ズルむけコンテスト

 筆者が所属するIMJ統合型マーケティング戦略室が「Baby Foot」という商品のPR活動支援でお付き合いのある株式会社リベルタは、独自にソーシャルメディアでのマーケティング活動を実施し、Engerzingを体現する国内でも稀有な取り組みで成果を挙げている。

 このBaby Footという商品は、足裏のトラブルに悩む男女向けのホームケアキットである。足裏の角質を専用のローションで剥がれやすくし、剥がれた後のかかとが植物エキスの成分によってつるつるになっているという特徴がある。この「削らない角質ケア」というコンセプトが受け、口コミで着実に売上を伸ばしている(図表1)。

【図表1】Baby FootのWebサイト
【図表1】Baby FootのWebサイト

 かかとの角質が剥がれ落ちるのを目の当たりにしたBaby Foot使用者は、嬉しい驚きを感じる。そのポジティブな感情が、実際にかかとの角質が剥がれ落ちている様子を撮った写真という非常に粘着性の高いコンテンツをベースに、知人や友人にシェアしたいというモチベーションを与えることになる。そして、そのモチベーションは、Baby Foot使用者個人のブログやTwitter等のCGM上での投稿という行動につながっていく。

 しかしながら、ここで問題となるのは、シェアされたコンテンツのインパクトである。個々のCGMは、アルファブロガーや多くのフォロワーを抱えているTwitterユーザーを除けば、インプレッション自体が少ないためロングテールコンテンツでしかなく、マーケティング上のインパクトをもたらすには至らない。通常、個々のCGMというものは分散しているため、コンテンツのインパクトが生まれにくいのである。

 だが、このBaby Footの場合、自社メディア上のコミュニティサイト(プライベートソーシャルコミュニティ)で、「Baby Footズルむけコンテスト」というイベントを開催することによって、上記のような課題をうまくクリアしている(図表2)。

【図表2】Baby Foot足裏ズルむけコンテスト
Baby Footを使って足の裏の角質変化していく様子を写真投稿し、その衝撃度を競い合う
【図表2】「Baby Foot足裏ズルむけコンテスト」Baby Footを使って足の裏の角質変化していく様子を写真投稿し、その衝撃度を競い合う

 このコンテストという形式が、個々のCGMを自社サイト上のコミュニティ内に集結させ、コンテンツのインパクトを強めている。マスメディアや店頭で商品のことを知った見込み顧客がこのコミュニティサイトを訪れた時に、多くの使用者が嬉しさとともに投稿しているコメントや画像によって勇気づけられ、トライアル初回購入への第一歩を踏み出す強い動機になる。また、既存顧客にとっても、使用者の使用実感に関する反響が励みになり、フットケアを続けられる理由となっている。

 さらに同社では、Amebaでのオフィシャルブログ、Twitterでのオフィシャルアカウントを開設するなどソーシャルメディアへも積極的に参加し、顧客との関係性構築に励んでいる(図表3、4)。

【図表3】Baby Foot Official Blog
【図表3】Baby Foot Official Blog
【図表4】Baby FootのTwitterアカウントページ
【図表4】Baby FootのTwitterアカウントページ

 顧客とコミュニケーションをとる際、自然な会話の中でコンテストへの参加を呼びかけており、ソーシャルメディアから自社メディアへの誘導を、効果的に行っている(図表5)。

【図表5】自社メディアとソーシャルメディアの連携
【図表5】自社メディアとソーシャルメディアの連携

 このように、Baby Footの場合、自社メディア上でのコミュニティ運用とソーシャルメディアへの参加を連携させることで、口コミがEnergizing(活性化)されているのである。

 連載第1回の【図表5】でも解説したとおり、「ブランド体験の共有」に関する情報は、新規顧客にとっては購買プロセスにおいて極めて影響力のある情報ソースとなり得る。Energizingは、メディア情報よりも信頼されているインターネット上の口コミの影響力を最大化する戦略である。1件1件の口コミは興味をそそるレベルかもしれないが、それらを集結させることによって、説得力のあるレベルにまでインパクトを高めるのである。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
Case Study: 米StarbucksによるEmbracing ― My Starbucks Idea

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
真説! ソーシャルメディアマーケティング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社アイ・エム・ジェイ(カブシキカイシャアイ・エム・ジェイ)

株式会社アイ・エム・ジェイ

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/10/17 10:33 https://markezine.jp/article/detail/10388

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング