SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

話題のサービスを詳細解説(PR)

Yahoo!アルゴリズムが更新!
変動時に右往左往しないための「2つの習慣」と「4つのペナルティ対策」

 2010年6月23日にYahoo!検索 Index Updateが行われた。この影響で、順位の大幅な変動や検索結果に表示されなくなったサイトも少なくないだろう。そこで今回の記事では、Yahoo!アルゴリズム更新に勝つための「2つの習慣」と「4つのペナルティ対策」について、株式会社ディーボのSEOツールを利用して紹介する。

Yahoo!アルゴリズム更新とその影響

Yahoo!アルゴリズム更新とは?

 検索エンジンには、検索順位を決める独自のルールがあり、これを検索アルゴリズムという。Yahoo!では「インデックスアップデート」、「アルゴリズムアップデート」として、合わせて2009年に8回、2010年は6月24日現在、4回の更新がYahoo!検索のスタッフブログで発表されている。

【注】Yahoo!の「インデックスアップデート」と「アルゴリズムアップデート」は厳密に言うと意味合いが異なるものだが、本記事ではこれらを「Yahoo!アルゴリズム更新」と呼ぶこととする。またアップデートの情報はYahoo!検索 スタッフブログで告知されている。

平均11.2位も検索順位が変動!

 ディーボではSEO業界初の検索アルゴリズム分析ツール「ALGO BUSTER(アルゴバスター)」というSEOツールを提供している。

2010年4月30日のYahoo!アルゴリズム更新による検索順位の影響

 上記の図は「devo50」というディーボが独自に定めた50キーワードの各検索上位100サイトの順位変動データを収集し平均値を算出したものである。

 平均順位変動幅は、平常時に2位程度である。前回のYahoo!アルゴリズム更新では、平均順位変動幅が11.2位と平常時の5倍にも達した。2009年9月から2010年6月までの最大変動幅は25.2位で、この時は多くの上位サイトが多大な順位大幅下落の影響を受けた。

 大規模な順位変動によって自分のサイトの検索順位が下落した場合、サイトによっては死活問題だ。また、中でも最も深刻なのは、10位以内で表示されていたものが検索結果にまったく表示されなくなる「ペナルティ」と呼ばれる現象だ。ペナルティ状態になって頭が真っ白になったWeb管理者も少なくないだろう。

 本記事では、このようなアルゴリズム更新に勝つための「2つの習慣」と「4つのペナルティ対策」について紹介する。

 検索アルゴリズムを分析できるSEOツール「ALGO BUSTER(アルゴバスター)」の詳細はサイトでご覧ください。

アルゴリズム更新に勝つための「2つの習慣」と「4つのペナルティ対策」 概要

 下の図はアルゴリズム更新に勝つための「2つの習慣」と「4つのペナルティ対策」 のイメージ図である。全体像を捉えておくと本記事がより理解しやすいだろう。

アルゴリズム更新に勝つための「2つの習慣」と「4つのペナルティ対策」 イメージ
アルゴリズム更新に勝つための「2つの習慣」と「4つのペナルティ対策」 イメージ SEO TALK 検索順位記録ツール Yahoo! JAPAN 検索アルゴリズム予報 takotubo.jp インデックス状況調査ツール 外部発リンクインデックス状況調査ツール タイトルテキスト重複チェックツール talabagani.jp SEO内部対策ツール リンク切れチェックツール ohotuku.jp キーワード出現率チェック takotubo.jp SEOペナルティ・TDP関連ニュース hanasakigani.jp Pro 被リンクチェックツール(アルゴリズムレポートのダウンロードが可能)

 それでは、次のページよりアルゴリズム更新に勝つための「2つの習慣」と「4つのペナルティ対策」について紹介する。

次のページ
アルゴリズム更新に勝つための「2つの習慣」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
話題のサービスを詳細解説連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/06/24 12:42 https://markezine.jp/article/detail/10689

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング