SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

話題のサービスを詳細解説(PR)

Yahoo!アルゴリズムが更新!
変動時に右往左往しないための「2つの習慣」と「4つのペナルティ対策」

アルゴリズム更新に勝つためのペナルティ対策3、4

対策3 「キーワード調整」

 前ページの「対策 2」で基本的なペナルティ要因のチェック、対策が終わったら、次はペナルティと相関が高い傾向にある当該ページ内のキーワード調整を実施する。

 ペナルティになりやすいHTMLソースの傾向として、「タイトルやh1タグ内にSEOキーワードが何度も出現している」、「SEOキーワードが密集している」などがある。ただ、キーワード調整に関しても、「これだけSEOキーワードを調整したらペナルティから脱出できる」というような確固たる基準がないため、仮説を立てて試行錯誤するしかない。

 キーワード調整を実施する際に便利なツールが2つあるので紹介する。1つ目のツールは「SEO 内部対策チェックツール talabagani.jp」だ。

「SEO内部対策チェックツール talabagani.jp」の結果画面の一部

 SEO内部対策チェックツール talabagani.jpではSEOキーワードと自社サイトのURLを入れるだけでSEOの内部対策状況がグラフや表で表示される。自社と競合サイトのキーワードバランスを比較し、参考とする際に活用しよう。

 自社と競合のSEO内部対策状況がグラフや表で分かる「SEO内部対策チェックツール talabagani.jp」の詳細はサイトでご覧ください。

 2つ目のツールは「ohotuku.jp キーワード出現率チェック」。

「ohotuku.jp キーワード出現率チェック」の結果画面の一部

 ohotuku.jp キーワード出現率チェックはSEOキーワードと「出現率目標」を設定できるツールで、出現率目標に対し当該ページのSEOキーワードの出現率とどのくらい差があり、目標を達成するためにはどれくらいの増減が必要かを数値で示してくれる。狙ったキーワード出現率の調整をする際に数値がひと目で分かるので大変便利だ。

 出現率目標を設定し、目標と現状の差分が分かる「ohotuku.jp キーワード出現率チェック」の詳細はサイトでご覧ください。

対策4 「ペナルティ関連情報の収集」

 「ペナルティ対策を実施してもなかなか脱出できない……」、そのような場合はペナルティに関する情報を収集し、脱出のヒントがないかを調査するのも1つの手だ。情報収集を効率的に行うためには「takotubo.jp SEOペナルティ・TDP関連ニュース」の活用がおすすめだ。

「akotubo.jp SEOペナルティ・TDP関連ニュース」の一部

 takotubo.jp SEOペナルティ・TDP関連ニュースはソーシャルニュースコンテンツで、ネット上のさまざまなニュースやブログ記事からSEOペナルティやアルゴリズムに特化して抽出されている。そのため今必要な情報をまとめて得ることができる。

 ペナルティやアルゴリズム関連に特化したソーシャルニュース「takotubo.jp SEOペナルティ・TDP関連ニュース」の詳細はサイトでご覧ください。

Yahoo!アルゴリズム更新後にアルゴリズムの傾向を把握する方法

 最後に、Yahoo!アルゴリズム更新後のアルゴリズム傾向を把握する方法をお伝えする。ディーボの無料SEOツール、被リンクチェックツール「hanasakigani.jp Pro」に登録し、ログイン後の画面で「アルゴリズムレポート」をダウンロードできるので、このレポートを参照しよう。

hanasakigani.jp Proでダウンロードできる「アルゴリズムレポート」の一部

 登録すると無料でアルゴリズムレポートがダウンロードできる、無料SEOツールの被リンクチェックツール「hanasakigani.jp Pro」の詳細はサイトでご覧ください。

 【ディーボ関連記事:月間 150,000人が利用する「無料SEOツール」の効果的な活用法

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
話題のサービスを詳細解説連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/06/24 12:42 https://markezine.jp/article/detail/10689

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング